So-net無料ブログ作成
検索選択
展覧会 ブログトップ

『ベルギー奇想の系譜展』@兵庫県立美術館 [展覧会]

ベルギー奇想の系譜展』
001.jpg
「怖いの?楽しいの?不思議なの?」のキャッチフレーズでwebを賑わしていたので興味は持っていた。あと一週間と知って土曜日の午後観に行って来た。平日に行けば良かったが、あれこれ些事があったので。土曜日は8時まで延長しているせいか、お客さんも多かった。
002.jpg
ベルギーという国はビールで有名としか知らなかったが、今回少し調べてオランダ王国が二分して出来た国だということぐらいは分かった。このあたりの歴史はハプスブルグ家がどうのこうので、いろいろ変遷しているので高校の世界史のかすかな知識では把握できないなあ。オランダがプロテスタントの国でキリシタン弾圧後も日本と通商できたというのは、少し前に読んだキリシタン弾圧の歴史を書いた本で知ったが、ベルギーはカトリックの国だったんだと知った。
003.jpg
中世末期に現れたヒエロニムス・ボスの描く悪魔や怪物のような「幻想絵画」「奇想画」の系譜が近現代の「象徴主義」「シュルレアリスム」に連綿と繋がっている様をたどることが出来た。ただ絵によっては非常に小さくて細かく、顔を近づけたら係員から「帽子は後ろ向きに、顔を近づけすぎないように」と注意された。地獄図などの小さな絵はどこに飾られているんだろうと不思議だった。もしリビング寝室に飾られているのだったら、食事も喉を通らないだろうし、悪夢にうなされて眠れないのではないか、と思ったことだよ。
004.jpg
カトリックでは「七つの大罪」というものがあり、それは「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」というそうだ。それぞれのテーマに沿った絵もあったが、なにか仏教の地獄図と通底するところがあるように思われた。それはイスラムでも同じなんだろうな、と思った。人間の生き方にはそれほど大きな差があるようにも思われないから。それなのに、少しの違いが重大な違いのように解釈されて、宗教戦争のようなものが未だに続いているのは哀しいことだな、とも思ったことだ。
005.jpg
というわけで、門外漢が観てもあまり理解できなかったかもしれない展覧会であったが、絵そのものからは少しはずれた「人間の営み」について考えさせられるところの多い展覧会であった。今週末で終わるようだが、7月15日から東京のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されるらしいので、興味のある方は、東京に行かれたついでに観るのもよいかも知れない(笑)。
006.jpg

1012「生誕300年若冲の京都 KYOTOの若冲」@京都市美術館 [展覧会]

001.jpg
8月に京都の細見美術館で「若冲展」があると知って、行きたいなと思いつつ終了してしまっていた。ところが今年は若冲の生誕300年ということで各地で「若冲展」が目白押しらしく、この時期京都市美術館でもやっているらしいので行ってみた。京都市美術館は数年前「ゴッホ展」に行って以来だった。
002.JPG003.JPG
伊藤 若冲(いとう じゃくちゅう)は、正徳6年(1716年)生まれの京の絵師で「写実と想像を巧みに融合させた『奇想の画家』らしい。今まで全く知らなかったが、この春からよくTVで特集番組が放映されていて興味を持ったのだが、生誕300年だったからだな、と改めて気付いたのであったよ(笑)。花鳥画、特に群鶏の絵の細密な描写と色使いに、テレビで見ていても圧倒された。
004.jpg
今回の展示は、TVで観ていたようなカラフルな絵はそんなになくて、墨絵のようなものが多かった感じだが、若冲が様々な手法を試していた過程が垣間見られた気がしてよかった。若冲は京・錦小路にあった青物問屋「枡屋」の当主であったが、40歳で隠居し、絵師として作画三昧の日々を送ったとのことで、金持ちの爺さんの手遊びともとれるが、逆にそれが彼の自在な方法を生み出したとも言えるように思った。
005.jpg006.jpg007.jpg
細密な花鳥画とは対照的に、数少ない人物画や当時珍しい「象」の絵などには、デフォルメや漫画っぽい描写もあり、彼の手法の幅広さを感じさせる。
008.jpg009.jpg
リアリズム(写生)と当時の画壇の画風の影響を感じさせるものなど、彼が何に縛られ、何から自在であったのか、など色々考えさせられることが多かった。代表的な作品の載った画集でも買おうかなと思ったことだ。
※絵の写真はwebよりいただきました。

010.JPG011.JPG012.JPG

さて、2時半ごろ美術館を出たので、思いついて一月前に訪れた「大乗寺」に立ち寄ってみた。「酔芙蓉」が午後から夕方に色が変わっているのかを確かめるため(なかなかしつこい)。結果は前回ほぼ真っ白で前日の花のしぼんだ紅しかなかったのが、淡いピンクなどバリエーションがあって、納得できた。
013.jpg014.JPG015.jpg016.JPG017.JPG
4時過ぎたらもっと色が濃くなっているかもしれないけど、今回もそこまで待てない中途半端な私であったことだよ。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

特別展「始皇帝と大兵馬俑」@大阪・国立国際美術館 [展覧会]

美術館エントランス前の「兵馬俑」。
001.jpg
大阪で「始皇帝と大兵馬俑」展(7月5日~10月2日)が開かれるのは大分前から知っていたが、暑かったりオリンピックがあったり(関係ないか)と行く機会を失っていた。あと半月になったので急遽行ってみることにした。金曜日は午後7時までやっているので5時ぐらいに着くようにと車を走らせた。

この美術館は当初は万博記念公園にあったのを、2004年(平成16年)に現在地(大阪中之島)へ移転したらしい。隣には大阪市立科学館があった。こちらも以前あった大阪市立電気科学館が1989年に閉館したのに伴い代替施設としてできたとのこと。中之島図書館などと併せて一大文化ゾーンとなっているのだなあ。

近くに40分300円のパーキングがあったので「80分はいないだろう」と思って駐めたのだが、少しばかり越えてしまったのであったよ。予想以上の展示だったということだ。

巨大なオブジェと見えたのは、エントランスゲートで、竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージしたものだという。
ちょっと写真に加工を施してみたw
002.jpg
特別展は地下二階にあり、長いエスカレーターを下りていく。途中の踊り場で写真を撮ろうとしたら、どこからともなく係員がやってきて、「通行の妨げになるので撮影はお控えください」と言われた。今はそんなに混んでないのにと思ったけど。そういえばやたらと係員が多かったような気がしたが、中国から借りてきたものだから粗相のないように気を使っているのかな?
003.jpg004.jpg
会場には兵馬俑以外にも、彼が天下統一後行った万里の長城の建設や度量衡・通貨の統一などの事業の数々を垣間見させる出土品なども展示され、興味深かった。前221年に天下を統一し、前210年に崩御するまでの10年余りの間に、一気に諸制度を改革していった始皇帝のバイタリティに改めて驚かされた。
005.jpg
兵馬俑は将軍・御者など役職によって造形が異なるが、その異なる種類を一体ずつ陳列してあった。本物の人間を横に立たせて職人に造らせたという像は2000年前のものとは思えない、リアリティに満ちたものだった。
これはwebからいただいた。
006.jpg016.jpg
展示会場の終わりの方に写真撮影用の兵馬俑軍団(レプリカ)があった。
007.jpg009.JPG010.JPG011.JPG008.jpg012.jpg

秦王に即位した前247年から自身の陵墓建設に着手したとあるが、今の我々から見れば国費の無駄遣いとも思えるような作業を行いながら、その裏で天下統一をしていったとは驚くばかりである。首都咸陽の阿房宮は項羽によって焼き払われるが、その後入った劉邦によって保全されたとも言われている。始皇帝陵も、項羽がそのまま残っていたら墓もあばかれ、破却されていたかもしれない。改めて貴重な遺産なのだと思ったことだよ。

ともすれば「項羽と劉邦」の方にばかり目が行きがちであるが、劉邦も中国を再統一したとはいえ、始皇帝の業績のいいとこ取りをした感もある。改めて「秦」という国の歴史を学んでみようと思いつつ美術館を後にした。
013.JPG014.JPG

『キングダム』をまず読むべきか(笑)。
015.jpg

『藤田嗣治』展@兵庫県立美術館 [展覧会]

001.jpg
もともと昼夜転倒気味の生活をしているが、連日の酷暑に加えてリオ・オリンピックまで始まって、生活リズムはほぼ崩壊状態であるw  夕食の後ひと寝入りして10時ごろ起きだして、深夜までTVをつけながらネットを見たり、今度やろうと思う曲の歌詞やコードを確かめたりするような日々である。

珍しく朝8時過ぎに起きたので、負の連鎖を断ち切ろうと外へ出た。映画も観たいものがいくつかあるが、時間が合わなかったりでうまく決まらない。そこで、以前何度か行ったことのある兵庫県立美術館で『藤田嗣治』展をやっているというので行ってみることにした。退職後も送られてくる割引券で半額になるというのもあった。なんだか申し訳ない気もするが、現職の頃はほとんど使わなかったので、まあいいか。
002.JPG
軽い気持ちで行ったのだが、展示されている作品群は全部で120点以上もあって、なかなか見ごたえのあるものだった。

藤田嗣治は教科書などに載っているものや、時々話題になっている時にいくつか見ただけで、あの特徴あるおかっぱ頭とチョビひげぐらいが印象に残っていたぐらいだった。展示されている作品を説明を読みながら観て歩いただけで2時間近くかかってしまった。飽きっぽく、これまで絵画展に行ってもいくつかの目玉作品を観て後はさっと通り過ぎるような鑑賞者でしかない私にしては異例のことである(笑)。

文学作品を読む場合も、全集を読むことで初めてその作家の全貌が分かるということがあるが、それに近い感じで藤田嗣治という一人の画家が第1次大戦から戦後に至るまで日本とフランスで、毀誉褒貶にさらされながら、いかに生きていったかということを年代記風にたどることができた。

生涯で4度の結婚をしたことにも興味を惹かれたが、黒田清輝に師事していた初期の作品、第一次大戦後のパリで画壇の寵児となった頃の作品(中にはキュビズム風の作品やゴッホ風の作品など、彼が色々なスタイルを試みていたことがよくわかる)、戦時中従軍画家として戦地に赴いて描いた戦意高揚のための作品、戦後日本を追われるように再びパリに赴き、洗礼を受け、フランス国籍を取得した頃の宗教画まで、目まぐるしいまでの画風の変遷をたどることができた。

目をひいたのは、面相筆という日本画用の細筆を使って輪郭線を描くという、洋画の中に日本画の要素を取り入れているところだった。日本の画壇からは日欧の折衷として批判の的になったようだが、当時のパリ画壇では斬新なものとして受け入れられただろうということは、門外漢の私でも容易に想像できる気がした。
004.jpg
また戦時中の戦争画であるが、当時の軍部からの強い要請でやむなく描いたのか、本人もお国のために積極的に描こうとしたのかは定かでないが、「アッツ島玉砕」の絵などからは、単に戦意高揚のためというにとどまらず、戦争の悲惨さ、愚かさが結果として強く描き出されているように感じられた。文学者たちの戦争協力作品と違って、対象をそのまま描き出そうとすれば、その意図がどのようなものであれ、真実を描き出してしまうという、絵画というものの本質を垣間見ることができた気がした。
005.jpg
兵庫県立美術館は以前王子動物園の西にあったのが、新たにHAT神戸に建てられてもう14年になる。駅からやや遠いが、安藤忠雄設計の建物も美しく、ゆったりと過ごせるいい美術館である。これからも時々情報を調べて訪れたいと思ったことだよ。
003.JPG
付録:嗣治の扮装をして記念写真を撮るというコーナーがあったw
006.JPG

※絵の画像は「東灘ジャーナル」からいただきました。


nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
展覧会 ブログトップ