So-net無料ブログ作成
検索選択

0527法事帰省の旅vol.2@隠岐 [旅日記]

隠岐島後中村(地元ではムラ[武良か?]と呼ぶ)の海。
001.jpg
0527
この日は11時からすぐ隣の神社で母の五年祭。前日に墓掃除をしてこの日に臨む。家や墓の周囲にはこの時期ならではの草花が見られる。
002.jpg003.JPG004.jpg
005.jpg006.jpg007.jpg008.jpg

神社の社務所で法事。前回は畳に座ったが今回は椅子席になっていた。時代は変わる。
009.jpg010.jpg
無事終了。家に帰って清めの膳を食べた。後は帰るだけだが、船便の加減や家の後片付けもあるので、もう一日いることになる。作業の合間に時間が空くと周囲を歩いた。島の中だが村は山々に囲まれている。
裏山の愛宕山。
011.jpg
横尾山。
012.jpg
大峰山の上には風力発電の風車が見えた。
013.jpg
小中学校の校歌の歌詞にもなっていた学校の裏山「嶽山」。車で帰ると真っ先に目に飛び込むのだ。
014.jpg
縁側に佇んで庭の木々を眺めていると心が和むけど、一方で住む者のいなくなった家をいつまで維持できるかという思いも出て、なかなか複雑であるなあ。
015.JPG016.JPG
今回の帰省では何人かの方と少しずつではあるが話ができた。藻塩を作っている従兄弟のKちゃんは、また新たな塩にも挑戦しているらしく、試作品もいただいた。
017.jpg
また、黒曜石細工をしている又従兄弟のK君は、それ以外にも隠岐ジオパークの事業などにも関わっていて、隠岐が地質学的にも歴史的にも貴重なものの宝庫であることを熱く語ってくれた。故郷のために何も貢献してこなかった私だが、せめて残りの人生の中で出来るだけ勉強したいと思ったことだ。
018.jpg
同級生のK野君はワインと尺八を持って訪ねてくれて、庭先で飲みながら話した。またいつか彼の尺八とコラボしてみたいものだと思ったことだよ。彼が吹いてくれた「どっさり節」の一節。スマホで撮ったが真っ暗だったのでmp3で。


0528
午後のフェリーで帰途につく。この日も快晴で波が穏やかだった。港に着く30分前にデッキに出てみると、はるか後ろに隠岐の島影がうっすらと見えた(写真ではわからない?)
019.jpg020.JPG
前方には伯耆大山の優美な姿が海に浮かぶように見えた。
021.JPG
船を降りて車に乗ってから、弓ヶ浜半島の浜に出て、より近くなった大山を見た。
022.JPG
廃船の向こうには美保関が。
023.jpg024.jpg025.jpg

米子市内で夕食と思っていたが、選り好みしているうちに山陰道に入ってしまい、結局前と同じく鳥取市まで行って「神楽」でラーメンを食べた。同パターンになってしまうな。
026.jpg
日曜日の夕方だったので渋滞も少しあって、帰りついたのは12時近くであった。

翌朝ベランダを見ると、ゴーヤの蔓が上階まで伸びていた(なわけないか)。
花も一つ咲いていた(これは早い!)。
027.jpg028.jpg


<関連記事>
人と自然をつなぐ島「隠岐ユネスコ世界ジオパーク」


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0525法事帰省の旅vol.1@鳥取~米子~隠岐 [旅日記]

隠岐フェリー
001.jpg
0525
今回の帰省は母の五回忌(五年祭という)。神道の場合は三回忌(前回)のあとは5・10…という単位になるそうな。今回は結果的に父の二十年祭も兼ねることになった。米子に前泊して朝のフェリーで海を渡るのだが、この日は雨模様なので、物見遊山は無理だろうと10時ごろ家を出た。高速代を節約するため経路をいろいろ試しているが、今回は山麓バイパス~R175~滝野社IC鳥取道のルートをとった。

鳥取道の道の駅「あわくらんど」のあたりで昼食をと思ったが、智頭町の面白いレストランやパン屋さんは全て週末しか営業していないので断念し、結局鳥取まで行って、前に行った駅前の「すなば珈琲」で昼食。
002.jpg
マツコもまだいたw
003.jpg
004.jpg
9号線(山陰道)を走っているといくつも道の駅(PA)があるが、やはり前と同じ琴浦PAへ。海産物などいろいろ売っているが、往路なので買わずじまい(復路は午後7時で開いてない、うまくいかないな。)。4時過ぎには米子に着いた。予約したホテルは「アジェンダ」といっていくつかある格安ホテルの一つで二人で6.5kだが、以前は5kだったので少し割高に。

雨も降っていたので休んで7時ごろ飲み屋街に繰り出した。和食の居酒屋にしようと思っていたが、「マカロニ食堂」という窯焼きピザの店があったので見に行ってみた。昔「マカロニほうれん荘」という漫画があったのを思い出したが、あまり関係ないらしい(笑)。
005.jpg006.jpg
オードブル・フォンデュ・ピザ・パスタに珈琲デザート付きで、一人1.98kのセットがあったので入ることに。ボトルワインを飲んでも6.5kとは安い。
007.jpg008.jpg009.jpg010.jpg011.jpg
味はそこそこだがなんせ量が多く、タルトはDoggy Bagでお持ち帰りして翌朝食べることにした。
012.jpg


0526
朝7時半に宿を出て七類港へ。この日は快晴で波も1m。快適な(よく寝られる)船旅であった。2時間半はあっという間に過ぎた。
船尾から島根半島を望む。
013.jpg
西郷港の手前。島が穏やかに迎えてくれた。
014.jpg
港には「ゲゲゲの鬼太郎」のモニュメントが。水木しげるさん(本名:武良 茂)は自分のルーツは隠岐だと確信しているらしいが。「名字由来net」には「隠岐国隠地郡武良郷が起源(ルーツ)である。」と書いてある。
015.jpg
さて、レンタカーで我が家へ。今回も川を中心に島中に広がった「クサフジ」が迎えてくれた。
016.jpg017.jpg018.jpg
法事帰省は先ず家に風を通し、掃除することから始まるのであったよ。夜はかなり寒い。
019.jpg
020.jpg

<関連>
2年前の法事帰省の旅vol.2@七類~隠岐


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0521 New Bohemians @ 神戸ホンキートンク [バンド]

0521 New Bohemians @ 神戸ホンキートンク
001.jpg
この日は神戸祭りでもあり、各地でイヴェント繰り広げられていたようだ。お店にも昼間ハワイアンの演奏を聴いてきたというグループが早くから見えられ、早めに来て練習するはずが、外でちょこちょこっと合わせただけでステージへ。

フィドルのO野君が長い中国(大連)出張から帰ってきて、久しぶりに参加できました。二ヶ月に一度の日曜日になって半年、間が空くからかMdのI倉君は失念していたようで、少し遅れて参戦。大学の先輩のI沢氏もジャカジャカ・ブルーグラス@メリケンパークで昼間演奏していたにも関わらず応援に来て下さいました。
002.jpg003.jpg

そのI沢氏が以前湊川のジャム会で演奏していた「母からの便り」という日本語グラス(郵便番号普及の一環でつくられたらしい)をゲストタイムとしてお願いして歌っていただきました。この日の録音はないのでyoutubeで別のバンドがやっているものをあげておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=HsGAaFS_xh8


早めに演奏が終わり、バンドもあらかた帰ったころ、新たにお客様が来られたので、ママさんの依頼で急遽 "Hobo's Night" ということでソロで4・5曲歌わせていただきました。

次回は7月16日(日)です。全員揃って演奏できたらいいなと思っております。

<追記>
翌日の午前中、買い物のついでに先日行った「宝島池公園」を覗いてみると、カルガモの子は少し大きくなり、また少し数を減らしていました。
004.jpg005.jpg006.jpg
また池の端の蓮が群生しているところで「バン」がごそごそしているので見ていると、どうもそこに巣を作っているようで、枯葉や葦の茎などを集めているのに遭遇。初めて見たので妙に感動しましたが、こんな目に付くところに作って大丈夫なのか、と心配にもなりました。
007.jpg
また時々見に行こうと思ったことだよ。



0518 カルガモ親子&バン親子 @ 住吉川&宝島池公園 [日々の散策]

今年初の「子ガル」たち。
001.jpg
近所の西池公園にカルガモの親子がいるのを見つけたのは、リタイアして3ヶ月目の7月のことだった(→0725今日のカルガモ)。以来散歩のついでに観察していたが、次の年からとんと見かけなくなった。池に隠れる草むらがなかったり、アオサギなどに狙われて食べられてしまっているのかもしれない。その代わり住吉川河口付近で見かけるので、毎年この時期には朝晩通るついでに見るようにしている。年寄りの楽しみの域と言っていいのかも知れない(笑)。

今年もそろそろかな、と思って天気のよい午前中スーパーに行くついでに立ち寄ってみた。親鳥らしきものはいるのだが子ガルは見えず、「今年はまだかな」と思ったが、念のために散歩中と思われる年配の方に聞いてみると、「魚崎駅のあたりにおるで」と言うので行ってみた。ここにも親鳥しか見当たらなかった。ちょうど幼稚園児の集団が川床に下りて来ていたので、居ても隠れるわなあ、と思ってその場は帰った。
002.JPG003.jpg
夕方近くになって出かけたので、この時間帯ならと思って5時頃再び訪れると、魚崎駅の北ぐらいの川床で何人かが川を覗き込んでいたので近づいてみたところ、居ましたよ、今年初のカルガモ親子!
004.JPG
子ガモは見る限り4羽しか見えず、何羽かはすでに食べられたり溺れたりしたんだろうな。いつものことながら生存競争の激しさを感じて少し胸が痛んだことだよ。親鳥が50cmほどの堰堤の上に立っていて下の子ガモが滝上りをするのを見守っている風情。いつもながら人間味あふれる?情景だが、子ガモは何度かトライするも、この日は昇れなかった。
005.JPG006.JPG007.JPG008.jpg
親鳥があきらめて下に降り、子らを連れて草むらに隠れるまでほんの10分足らずだった。
009.JPG010.jpg
011.jpg
012.JPG
これからどんどん新たに生まれるのだろうな。「また来ような(どっかのCM)」とここしばらくの爺むさい楽しみとなりそうだのう。
動画もご覧あれ。


阪神芦屋の近くの「宝島池公園」では去年「バン」という鳥の親子を見つけていた(→去年のバン)。これも思い出して行ってみると、確かにいた。今年は葦の茂みも大きく広がっていて子育てには絶好の環境である。我が西池もかくあって欲しいと思ったことだよ。
014.JPG015.JPG016.JPG017.jpg018.JPG
きれいな睡蓮も。
019.JPG
020.JPG

<追記>
0521宝島池を覗いたら、突然茂みからカルガモ親子の集団が現れた。生まれたばかりのようで、お母さんのお尻に団子のように一塊りになっていた。数えると11羽。
024.jpg021.jpg022.jpg023.JPG
側には虎視坦々と狙うアオサギがいるのに、大胆に動き回っていた。命がけの状況と、それを柳に風と受け流す母子の姿に妙に感動してしまったことだよ。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

0516 旧友再会 @ 甲子園口 [日々の雑感]

At Dartmas Club
001.jpg
学生時代の音楽仲間のK谷君と、およそ40年ぶりに再会することができた。2年前くらいに youtube で PP&M のカバー・バンドを見ていた時、すごく上手なバンドを見つけたのだが、ポール役の人の歌声に聞き覚えが。また額のあたりにもなにか見覚えのあるような感じを受けた。バンド名は "HEART STREAM" というようだ。"EARLY MORNING RAIN" などはレコーディングで追加録音した部分までライブで再現していたことにも驚いた。

このマニアックさもK谷君に違いないと思い、バンドのHPを探してみたところ、本人だと確認できた次第である。彼はFBはやらない主義らしいので、かなり回り道をさせられてしまった(笑)。その後メールで何度かやりとりして、いつか会おうと言いながら延び延びになっていたが、今回彼が西宮に来る用事があるということで、再会が実現することになった。

場所を甲子園口にしたのは、彼が滞在しているところに近いというのもあったが、最近訪問したライブハウス「ダートマス・クラブ」があるので、そこでギターを弾かせてもらったりして話ができるかな、というのもあった。甲子園口で飲んだことはないので、少し下調べしたが、早めに来たのでぶらぶらしてみると、良さげな居酒屋がいくつもあったのでどれでもいいかなと思った。なかなか居酒屋が多いので、また来てみようと思ったことだよ。

6時前に駅の南に行くと、遠目にも本人と判ったのはすごいことだが、彼は学生時代の風貌とほとんど変わっていなかったから。体重も学生時代とほぼ同じだそうで、こちらは体重も20kgも増え、風貌もずいぶん劣化したのが恥ずかしくもあったが致し方ないのう。先ほど見たお店の中で2000円の料理セットが書いてあったお店に入った。あまり考えなくていいから。確か「ひじり庵」というお店だったと思う。「出雲富士」などの地酒を飲みながら話をした。
002.jpg
彼はサークルは違った(空手部)が、音楽をやっている者同士、いつの間にか知り合って一緒に演奏したり、音楽談義をしていた。彼はPP&MやS&G~Doc Watson ~ Bluegrass とやってきて、音楽の志向も良く似ていた(今でも音楽志向はかなりの度合いで重なっている)ので、話が良く合ったと思う。大学4年の頃彼の故郷の徳山にバンドで呼んでもらったり、三宮のピノキオで私がソロでやっていたとき一緒に演奏したことなど、私がすっかり忘れていたことを教えてくれた。山口に行ったことはかすかに覚えていたけど…、と言ったら叱られたけど(笑)。

7時ごろにダートマスに電話して、お店が開いていることを確かめて、行ってみた。二度目なのでまた店を探してしまったが。店に入ると、翌日あるPP&M大会の準備(他にも近々ライブの予定があるとか)ということで、練習を兼ねた演奏をしていらっしゃった。
003.jpg
東京と関西から集まったということで、さすがの演奏・楽しい歌の数々を堪能させていただいた。お客さんの中に "HEART STREAM" の大ファンという方がいらっしゃって、生 "HEART STREAM" に出会って感激していらっしゃった。この店にして良かったと思ったことだよ。

その後店主さんとジャムをしたりして遊んだ。いくつか演ったが一曲だけアップ。酔っ払っていててんでバラバラであるが、その分同窓会っぽい感じが出てるかな。

11時過ぎに近所に住んでいるブルーグラスの旧友 SHIN 君が来てくれたので、昔話に花を咲かせた。12時すぎまでいて、終電で自宅に帰ったが、最近あまりはしご酒をすることがなかったのでかなり酔ってしまっていた。
005.jpg
また会う日までということで別れたが、もうこの歳なので今度いつ会えるかというと若干心もとない部分もあるけど、是非またこういう機会を持ちたいと思ったことだよ。彼は若い頃からギターも歌もうまくて、いつも「奴にはかなわないなあ」と思い続けてきたが、今回再会できて色々話ができて、音楽志向やライブで歌うことについての姿勢などが似通っていることを再確認することができてうれしかった。「奴も東京で頑張っているから、自分も頑張ってみようかな」と思えそうな気がしたのであった。
004.JPG
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

0514 ナターシャ・デイ @ Abilene(神崎川) [ライブ鑑賞]

001.jpg
この日は新開地でも音楽祭があって迷ったけど、久しぶりに Abilene の「ナターシャ・デイ」を覗いてみることにしました。前回いつ行ったかな、と自分のブログ(備忘録代わりだね)を見ると去年の11月でした。一回飛ばしぐらいだったかなと思っていたら半年前だったのでびっくり。毎日ぼーっと暮らしている身には、世間のはやい動きにはついて行けてないなあ、とつくづく思ったのでした(笑)。
003.jpg
今回は開始の2時前にギターも持って行ったのですが、楽器置き場はすでに満載状態で、メンバーの熱気が表れていました。今日も置きギターを使わせてもらおうと即座に思ったことだよ(笑)。進行役のDさんの「拝啓大統領殿」で始まったジャム会は一人3曲ずつで交代ということで、和やかな中にも整然と進行していきました。後でFBにその日の曲を上げていらっしゃる方があったので見ると、ほとんどかぶっていないのにもびっくり。もちろんかぶっても何の問題もないのですが、メンバーの方々がそれぞれ多くの曲をものにしていらっしゃるということでもあるので。
002.jpg
私も前回歌わなかった曲ということで、「想い出の赤いヤッケ」と「ダッチマン」、そしてかまやつひろし&加川良さんへのオマージュとして「どうにかなるさ」を歌わせていただきました。いつものように出番待ちの間に緊張してしまって、ギターもコードも覚束ない演奏でしたが、「ダッチマン」を歌っていると、Dさんがいい感じでギターを弾いて下さって、気持ちよく歌えました。「どうにかなるさ」もハーモニカが流れて、メンバーの技量の高さを感じたことだよ。
004.jpg
この日は女性の方も多く参加されていましたが、皆さんお上手で、この日のために準備されていたご様子が伺えました。
005.jpg006.jpg007.jpg
また、Bj のOさんがほぼ全ての曲のコーラスを一緒に歌われているのにもびっくり。寛悟さんとも前の Smoking Spot で言葉を交わすことができてうれしかったです。昔も今も Smoking の場が対話の場というのもいただけないかもですが(笑)。Nさんとも昔のフェニックス・バードの話ができて懐かしかったなあ。
008.JPG
4時過ぎてからも新たなお客さんがたくさん入ってこられて、満杯になりそうだったので、5時頃失礼させていただきましたが、ジャムは7時ごろまで続いたようです。恐るべし熟年パワー!同じ熟年でも私はパワーが続かないので、また山歩きをしなくてはと思ったことだよ。

<参考> *FBから転載させていただきましたが、問題あれば削除いたします。
拝啓大統領殿・教訓Ⅰ・花は咲けども・野茨と鳩・お日様ソング・別れの恋唄・君かげ草・夏の時代・じゃあね・ふるさとの風・明日になればね・お葬式めっちゃめちゃ・丘の上の校舎・私を待つ人がいる・柳の木の下に・想い出の赤いヤッケ・ダッチマン・どうにかなるさ・青い海のお墓・わらぶきの屋根・彼を待ちながら・十字架に帰ろう・再会・ちょっとだけ恋人・夜明けを待ちながら・おじいさんの古時計・ナインポンドハンマー・ビルモンローメドレー・ヨイトマケの唄、母のお墓に、月恋・ひとひらの雪・響かせて・童神・安里屋ユンタ・島人ぬ宝・別れのうた・ランブリンボーイ・別れの恋唄・新聞売りのジミーブラウン・涙色の星・母のお墓に・デキシーに薔薇が咲く頃・柳の木の下に・陽気に行こう・私の子どもたちへ・シンクオブワットユーブダーン・父さんの昔話・虹の向こうに・彼は船乗り・流れる雲のように・マウンテンデュー・綿つみのうた・永遠の絆
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

0511 マロニエ並木 @ 山手幹線(R171~夙川) [日々の散策]

マロニエ並木 @ 山手幹線
001.jpg
バンド仲間のY川君から「赤いマロニエの並木があって連休あたりがきれいだよ」と教えてもらっていたが、場所がよく分からないままになっていた。この日二人で拙宅で練習したので場所を確認すると、山手幹線の夙川からR171にかけての街路樹として植えられていることが分かったので、練習後通ってみた。
002.jpg
山手幹線のこの部分は2003年に開通した区間で、初めは面白がって通っていたが、片道一車線になっていることもあって、時間帯によっては渋滞するので、あまり通らなくなっていた。また騒音対策のためか路側には半透明のフェンスがあったりして、まだ小さいマロニエの樹に気付くこともなかったのだろう。もちろん一年のうち1・2週間しか花の咲く時期はないのだから、それと知らされていなかったら、何年経っても気がつかずにいたことだろうと思う。
003.jpg
夕方、そこそこ渋滞している中通ってみたら、赤い花がちらちら見えたので、路側帯に車を停めて写真を何枚か撮った。その時も自分の中では以前書いたニセアカシアの花と混同していたりもしていたのだが。少し終わりかけてはいるものの、可憐な花を見ることができた。上に向かって花開く姿は、色は違うけど桐の花に似ているなと素人は思ったのであったよ。
004.jpg005.jpg
マロニエはセイヨウトチノキというようで、外来のもののようだ。パリのシャンゼリゼ通りの並木が有名である。webで写真を見ると赤い花と白い花の両方が見える。最近検索して知った加藤登紀子の「時には昔の話を」(映画『紅の豚』)という歌の中で「通いなれた なじみのあの店、マロニエの並木が窓辺に見えてた~」という一節があり、自分の中では何かつながっているな、という感じがしていた。
パリのマロニエ(webより)。
007.jpg

夙川のマロニエ並木もこれからもっと大きくなるだろうが、フェンスがこのまま設置され続けていると、風情ある並木道という感じはないだろうなと思われるが、今回知ったことを忘れずにいて、毎年見守っていこうと思ったことだよ。
006.jpg
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

0508 「剣山」登山後半@徳島県三好市東祖谷 [旅日記]

剣山から望む次郎笈(じろうぎゅう・1930.01m)。草原に見えるのはシコクザサとか。
001.jpg

五月の四国旅vol.4

「剣山(つるぎさん)」は標高1,955mの山で、石鎚山(1,982m)に続く四国第二の山である。太宰治の『お伽草紙』の中の瘤取りじいさんの話の舞台になったのが記憶にある。太宰がどれだけ「剣山」のことを知って書いたのかはやや疑わしいが、鬼や仙人の住む秘境として選んだのであれば、当たらずといえども遠からずということかもしれない。

登山口の駐車場についた時はもう11時を回っていた。座右の書「クルマで行く山あるき」にはリフトに乗らず「見ノ越」の登山口から登るルートが書かれていたが、リフトの高度差330m、見上げたときの圧迫感などがあいまって、「往復リフトにしよう」と即断してしまった。「なんちゃって」から抜けられない私であったことだよ。まあ、これが多くの 「剣山」登山者のルートだからね、と言っても言い訳の上塗りでしかないですな。

11:30リフトに乗る。リフトから見た「剣山」山頂。
002.jpg
この後山頂を見ることはほとんどなかったことを後で知る。
11:50登山リフト「西島駅」着。標高1,750mだそうで、頂上との標高差205mは「なんちゃって」にもならない気もするなあ。前に登った「大山」は1,709mで、中国地方最高峰だが、その高さをすでに超えているのは驚き。でもあの時は標高差600mを登ったのできつかったけど。登頂コースは三つあって、一番右側の「遊歩道コース(1,980m)」をのんびり登ることにした(12:00)。
003.jpg
ところが、登山口の鳥居まで来ると「遊歩道コース」は土砂崩れのため通行止めだった。仕方なく真ん中の「大劔道コース」に変更し、歩き始める。それほど急登はないが、空気がやや薄いせいか初めはちょっと息切れする感じ。すぐに慣れたけど。
004.jpg
005.jpg
12:20行く手に大きな岩が見えた。
006.jpg
近づいてみると岩の前に祠があり、それが「大劔神社」だった。岩が御神体のようだ。
007.JPG
神社の前でカップ麺をすする青年達。真似をして下の茶店で買ったおにぎり弁当(350Yen)を食べた。
008.jpg
剣山に向かって右手に見えた山。
009.jpg
12:50神社を出発。道はやや急に。
010.jpg
ここの笹は「ミヤマクマザサ」というそうな。
011.jpg012.jpg013.jpg014.jpg015.jpg
13:20頂上ヒュッテの前の鳥居に到着。山頂まであと250m。
016.jpg
ヒュッテの右側にあるのは「剣山本宮宝蔵石神社」。後ろにはやはり「磐座」が。
017.jpg
脇の石段を登って山頂へ。上から岩の後ろが見えるのもご愛嬌。
018.JPG
山頂付近は笹を守るため木道が廻らされている。向こうに見えるのがたぶん山頂だ。
019.jpg
13:40 山頂到達。
020.jpg
山頂は広々としていて気持ちがいい。360°の景色を見るためには木道でつながれている東西の舞台状の広場を回らないといけないが、それも悪くない。40分あまりウロウロしたりぼーっとしたりしていた。
021.jpg022.jpg
ヒュッテでバイトしているという青年が、今日は休みだからとカメラを持って来ていて、「ここで一日ぼんやり景色を眺めているんです」と言っていた。
023.jpg
午前中案山子の集落で見かけたニュージーの家族も登ってきていた。マニアックなコースを選んでいるなあ(自分も同じだけどw )。
024.jpg
さて、14:30ごろ山頂を後にする。もう少し早く来ていれば「次郎笈」へ縦走してそこから剣山を見ることができたのに、とそこが残念だった。ちなみに剣山の別名は「太郎笈」だそうだ。下山は「遊歩道コース」を通って「大劔神社」で元の道に出るコースで。
途中から神社の御神体の岩を別の角度で見ることができた。
025.jpg
神社のすぐ下に「剣山御神水」と呼ばれる湧き水があった。
026.jpg
水筒に入れて(少し飲んだけど冷たくて美味しかった)持ち帰り、珈琲を淹れるのに使った。
16時にリフト下に着き、車に乗った。帰りはR438を北に走り美馬市に向かう。高度が下がるにつれて植生が変わるのが面白かった。
ブナ林。
027.jpg
三叉。
028.jpg
美馬市で高速には乗らず、R192で吉野川沿いに徳島市を目指す。FBでバンジョー弾きのOさんが紹介していた「十三八」という支那そば屋さんに行こうと思ったけど、定休日だったのが残念。ここだけが月曜日に帰ることの誤算かな。まあ国道沿いに何かあるだろうと走っていると、吉野川市のあたりで「中華そばミニトマト」というラーメン店を発見。
「吉野川市1位!」というのが可愛い。
029.jpg
徳島ラーメンセット。美味しかった。
030.jpg
帰宅は深夜になってもいいのでチンタラ走っていたが、ふと「明石海峡大橋」の写真を撮ろう、と思いついた。夜に通ることなんてめったにないからね。淡路SAに入り、三脚なども使って撮った中の一枚がこれ。悪くない、と自画自賛。
031.JPG
たった1泊2日の旅だったが、目一杯動き回ったので、ブログも四つに分けて書く破目になってしまったわい。いつまでものんびり旅ができない性分だが、その分充実の旅ではあったな、と思ったことだよ。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0508 「剣山」登山前半(高知~大歩危~見ノ越駐車場) [旅日記]

「人形村“かかしの里”」(東祖谷)の案山子。案山子のサミット開催中!?
001.jpg

五月の四国旅vol.3

前日は早朝からずっと車を運転したり歩いたりしていたので、爆睡して6時前に目覚めた。高知城など巡ってみたい気もしたが、「剣山」は決して近くはないので、「はりまや橋」だけに立ち寄って先を急ぐことにした。どうも車で動いているとどこへでも立ち寄れてしまうので、寄り道の誘惑を断つのが一苦労である。
002.JPG
「はりまや橋」は江戸時代の豪商である播磨屋と櫃屋の間の堀川にかけられた私設の橋が始まりのようである。その後市電の敷設に伴う道路拡幅や川の埋め立てで、橋としての機能はなくなったが、高知随一のにぎやかな通りになっている(はずだが早朝でよく分からないw)。復元された橋が現在の橋と同じところにある。
オリジナル「はりまや橋」の復元。
003.jpg004.jpg
90年代までの橋の欄干(地下に保存展示)。
005.JPG
現在の「はりまや橋」の欄干。向こう側に旧橋が見える。
006.jpg
「南国土佐を後にして」の歌が流れるモニュメント。
007.jpg
ペギー葉山さん亡くなったんだった。ご冥福をお祈りします。

市電の通る街は好きだなあ。
008.jpg
前日通ってきたR55は高知市で終わり、西へはR56・北へはR32が走っている。「はりまや橋」を見た後高知道・R32と走って大歩危の交差点に9時ごろ着。
1km北の道の駅で一服。
009.jpg
道の駅「大歩危」の妖怪屋敷。
010.jpg
「大歩危」。
011.jpg012.jpg013.jpg
ここにも鯉のぼりが。最近の流行なのだろうか。
014.jpg
大歩危は通り道なので、前にも立ち寄ったことがあった。交差点に戻り東へ。西祖谷を通ってR439に入る。細い細い道が多いので周囲を見る余裕はない。東祖谷に入って少しした所(三好市東祖谷菅生)で、道路わきに人形(案山子)が置かれている集落を通った。車を停めて少し歩いてみた。
015.jpg
家々の戸口や畑の角、橋のたもとや集会所の中まで色々な案山子が置いてあるが、住人の姿は見られない。面白いというよりはむしろ不気味な感じさえした。
016.JPG017.jpg
外国から来た家族連れがいたので聞いてみるとニュージーランドからのようだ。3年前ぐらいにドイツの人が動画をアップしていたらしいので、それを見たのかもしれない。
018.jpg
たどたどしい英語で話しかけると、ご主人は日本語勉強を少しされているようだった。
この案山子群について私が "Strange ! "と言うと日本語ではどう言うんだと聞くので、「変」「不思議」と言うと怪訝そうな顔をしていた。私の感じた「限界集落」的な雰囲気が理解できなかったのかもしれない。webにこの集落についての記事があったので引用しておく。
「人形村“かかしの里”に見る限界集落の現実」
http://www.nippon.com/ja/column/g00198/
台風で壊れたのかそのままになっている橋。その先には廃校になったと思われる学校が。
019.jpg
さて、登山口まであと20km足らず、先を急いでいると20分ほど走ったところで道端に桜が。
020.jpg
高地なのでこんな時期に咲くんだ。桜の向こうに見えるのは「剣山」の山すそかも(と後で写真を見て思う)。
021.jpg022.jpg023.jpg
11時過ぎに剣山の登山リフトのある「見ノ越」の駐車場に着く。なんだかんだ寄り道をしたためこんな時間になってしまった。上りはリフト下から登ろうと思っていたが、さあどうなるやら。(後半へ続く)

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0507 「室戸岬」~高知市 [旅日記]

初 「室戸岬」。
001.jpg

五月の四国旅vol.2

午後3時に「轟九十九滝」を出たがしばらくは電波が来ず、ひたすら国道を目指す。20分ほどで国道に出たようだが道は細いままなので分からなかった。海部川沿いの広い国道を走っていると川に鯉のぼりが渡されていたので、車を停めて写真を撮った。かなり広い川幅だがしっかり張ってある。端午の節句は過ぎたが、旧の節句もあるからね。
002.jpg
高知の宿が確保できたので、安心してのんびり車を走らせた。R55は快適な海岸沿いの道である。左手に広がる広大な太平洋を横目に走っていると、前方に大きな岩が。
003.jpg
少し近づいてみると、どうやら「夫婦岩」のように見える。
004.jpg
側まで行って車を停め、遊歩道を歩いてみた。
005.jpg
「夫婦岩」はあちこちにあるが、これは「鹿岡の夫婦岩」というそうだ。
006.jpg
大きな岩が分かれて出来たものか。
007.jpg008.jpg
少し先に走ったところから撮ってみた(けっこう気に入っているやつ)。
009.jpg
更に西へ。ナビの指示は室戸岬の内側をショートカットしているが、せっかく来たので室戸岬に立ち寄ることに(17:00)。足摺岬ほど有名ではないと思っていて、地図で見ても太平洋に向かって突き出しているだけの岬だとイメージしていた。拓郎の「襟裳岬」が刷り込まれていたのかな。「むろとの春はなにもない春です~」というように。
「室戸岬灯台」。
010.jpg
足摺岬と違って、R55が岬の下部(南端)に沿って走り、後ろの山(岬)の上に灯台があるという配置である。
011.jpg012.JPG
駐車場に停めるとすぐ前が岬である。お手軽だが逆に通り過ぎるだけになってしまいそうでもあるなあ。
遊歩道入り口。
013.jpg
亜熱帯の植生なのかな。
014.jpg015.jpg
岬の先端あたりの荒々しい岩肌。
016.jpg017.jpg
広がる太平洋。
018.jpg019.jpg
幕末の志士中岡慎太郎はこのあたり(土佐国安芸郡北川郷柏木村)の出身のようだ。
020.jpg
021.jpg022.jpg
17:30 室戸岬を後に一路高知市へ。岬では太平洋に沈む夕日と書いてあったので、途中で見られるかもと少し期待したが、そうなんでもうまく行くはずもなく…。
山際に沈む夕日。
023.jpg
19時過ぎに宿に着き、近所の居酒屋で「鰹の塩たたき」を食す。酒は「土佐一本〆」。
024.jpg
美味しかったが自分にはやはり土佐酢の方がと思ったことであったよ。




nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0507 「轟九十九滝」@徳島県海部郡海陽町 [旅日記]

「轟九十九滝」の本滝。神秘的!
001.JPG
五月の四国旅vol.1

「轟九十九滝」は日本の滝百選、四国のみずべ八十八カ所に選定されている。少し前に「雨乞の滝」に行った時この滝も候補だったのだが、かなり西の方にあったので、次に「剣山」に行く時にセットにするのがいいかな、と思っていた。GWの最終日の日曜日なら宿はなんとか取れるだろうと朝6時過ぎに家を出た。高速も休日割引があるので行きは使うつもりでいるが、それでも須磨から乗るのは習い性?

「轟神社」でナビると三ヶ所ぐらい候補が出た。後で「轟の滝」調べるとこれまたいくつかあるらしいので注意が必要だが、今後の候補にはなるかも。鳴門を過ぎるとナビは「高松道」へと導くのでいつも戸惑う。徳島回りは遠回りになるからだろうが、なんか区分けの仕方がまずいのではないか?地図と併用すれば済む話ではあるが。

地道になってしばらく走ると、いつかR55に入る(松井のGO GO だ。もう古い?)。ほぼ海岸沿いに高知市まで続く道である。足摺岬や四万十川のある西海岸は以前行ったことがあるが、こちらは初めてだ。と感傷に浸る暇もなく車をひたすら西に走らせ、10時過ぎにはR193への分岐点に着いた。そこのコンビニで水などを買い込み山に向かう。海部川沿いの快適な国道だったが、途中からどんどん細くなり、国道だかなんだか分からなくなる。左に折れて更に細い道を進み11時過ぎに駐車場に到着。
002.JPG
「滝見橋」のたもとのログハウス「とどろきの館」。
003.jpg004.jpg
そこでマップをゲットして歩き出す。まずは橋を渡って「轟神社」に参拝する。
005.JPG006.JPG
そこから川に下りると本滝まで2分ということだったが、よく分からず反対側の岸に出てしまった。そこで、本滝は最後に見ることにして、他の滝々を見ることにした。結構な石段が迎えてくれた。
007.jpg
九十九というのは「たくさん」という意味なのでそれほどは無いのだが、次々と滝が現れる。
初めは「二重の滝」。
008.jpg
滝の写真については少しは学んだはずだが、いざ撮るとなるとうまくいかないものだ。M・A・Sの設定をそれぞれ変えながら撮ってみるが、うまくいかない。滝の水量は雨の後で豊富なのだが、やはり晴天でかなり明るいためか、真っ白になったりして何枚も撮り直した。比較的ましなものを。
009.jpg
010.jpg
他の家族連れも下りて来たので、再び道に戻り、次を目指す。
不動滝・横見の滝・船滝・鳥返滝など、他に名のない滝もたくさんあった。だんだん分からなくなってきたので適当に並べる故、名は想像してみていただきたい(笑)。
011.jpg012.jpg
013.jpg014.JPG
015.jpg016.jpg017.jpg
018.jpg
019.jpg020.jpg
021.jpg
更に上には大烏小烏滝、三十三才滝、鍋割滝などがあるようだが、時間が押してきたのでカットして引き返すことに。
途中の変わった木や岩に生えている草。
022.jpg
023.jpg
以前「白髪岳」「段ヶ峰」で見かけたスルガテンナンショウ(駿河天南星)orマムシグサ(蝮草)。この色は初めて。
024.jpg
いよいよ最後に「轟九十九滝」のハイライトである「本滝」へ。この本滝(別名・王餘魚滝[かれいだき])は轟本滝神社の御神体だそうで、鳥居の奥に鎮座している。
025.jpg
左に細い滝(雨が少なかったら見えないかも)、右奥に本滝が。
026.jpg
本滝は苔むした岩が左右から迫ったその奥に神々しく鎮座していて、御神体であるなあとうなずかせるものがあり、以前行った高千穂峡を思い浮かべたのであったよ。奥まで近づくにはそれなりの装備が必要であろうし、水しぶきが我々人間を寄せ付けない。カメラに水滴がついて、なかなかきれいに撮れなかった。
027.jpg
028.jpg
一応ベストショット。
029.JPG
それでもなんとか写真を撮り、滝を後にした。滝はどんな滝も好きだが、この滝は格別であった。
あ、動画も撮っていたんだった。なかなかの迫力。


030.jpg
15時になったがスマホが全く使えなかったので、国道の方に急いで戻り、高知のホテルを予約することができた。高知までの道行きはvol.2 で。



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

0505 六甲山中腹を彷徨する [日々の散策]

五月晴れの神戸の海の見える情景。
001.jpg
連休明けに四国の剣山に登ってみよう(といってもなんちゃってだが)かな、と思っているので、足慣らしのために少し六甲山を横断的に山歩きしようと思った。上り下りの少ないコースと思って、前に登山口があるらしいのを見た気がしたので、住吉霊園の駐車場に車を置いて、横池か風吹岩のあたりを往復するコースを考えた。

霊園の駐車場に車を置いて歩き出したが、すぐにこんな分岐が。
002.jpg
道標があるはずもなく、地図では川沿いのルートに見えたので、右の道を下がっていった。
新緑が目にまぶしい。
003.jpg004.jpg005.jpg
やがて上りになり、次の墓地ブロックに。川沿いの道を探して小さなブロックの出入り口をたどって歩き回ったが、墓地の外に出ることは出来なかった。
墓地から海を見る。
006.jpg
ついにあきらめて元の駐車場に戻った。約一時間の彷徨であった(笑)。

散歩としては十分歩いたので、今回はやめようかなとも思ったが、登山口だけでも確かめようと車でウロウロ。下の霊園入り口まで行ったがそれらしいものは見つからず、再び引き返して先ほどの分岐を左に上ってみた。道は墓地を抜けてどこまでも続き、ああこれが登山道なんだろうな、と思った。途中でアスファルトは終わり、車の転回できる所があったので、そこに車を置いて、少し歩いて登ってみた。
007.jpg008.jpg 上から登山帰りらしいお兄ちゃんが下りてきたので、「この車道はどこまで続くの?」と聞くと、「途中でこの道に入ったのでよく分からないけど、かなり上まで続いているようだ」とのこと。彼が合流した地点まで行ってみようと再び登り出すと、少し先に右に登山道がありそうな地点に到着。かなり大きな駐車スペースがあり、車が一台とまっていた。 009.jpg010.jpg 標識がないので合流地点はもっと先かなとも思ったが、横池まで行く気持ちは失せていたので、 今度また来ようと思って引き返すことにした。 011.jpg 012.jpg 013.jpg この日はひどく暑かったが、晴れて見通しが良かったので、神戸沖から紀伊半島までくっきりと見えた。面白い写真が撮れたのでいくつか挙げてみる。 014.jpg パノラマもトライ。 015.jpg 右手の方に見えたのは淡路島? 016.jpg 連休で工場の煙などが少なかったのか、いい景色が見られて良かったと思ったことだよ。 野生の花々。藤もあった。 017.jpg018.jpg019.jpg020.jpg021.JPG 今回は山歩きとはいえない散策どまりになってしまった。六甲山だから道ぐらい分かるだろうと高をくくっていたのは大きな間違い。次はちゃんと目的地まで行こうと強く思ったのであったよ。 022.JPG
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

0502「葛井寺(ふじいでら)」の藤 @ 大阪府藤井寺市藤井寺 [日々の散策]

「葛井寺」の藤のトンネル。
001.jpg
大阪府藤井寺市にある「葛井寺」が、その名の通り藤の名所だというので行ってみた。こちらの藤は紫・白・赤の三色があるというのが特徴の一つらしい。連休中は混みそうなので、狭間のこの日にした。例によってR43から北津守まで高速を使い、あとは地道で行ったが、最寄のインターは西名阪道の「藤井寺」のようだ。また電車最寄り駅は「近鉄藤井寺」になる。

寺の駐車場を目指したがよく分からず、ウロウロした挙句コインパーキングに停めたら、そこが葛井寺の門前だった。このあたり古い町並みのせいか、表通りから入ると極端に道が狭くなるので要注意。
「南大門」から入る。「旧南大門(『四脚門』・重要文化財)」は現在西門になっている。
002.jpg
葛井寺は、「山号を紫雲山(しうんざん)といいます。寺伝によると、葛井寺は奈良時代、聖武天皇によって葛井連(ふじいのむらじ)の邸宅地に建立され、春日仏師に命じて千手千眼観世音菩薩を造らせ、神亀2年(725年)に僧行基が開眼法要を行ったとされています。」とある。芦屋にも史跡のある阿保親王が修復を行なったとも、1096年に大和の藤井安基が伽藍の大修理に尽力したとも言われており、「葛井」→「藤井」から今の地名にもなったのかなと思われる。
境内に入る(無料)と、往時ほどではないがそこそこ広い伽藍が。
003.jpg
建造物に寄り添うようにあちこちに藤棚が造ってある。
004.jpg
藤の名所だから「藤井寺」ではなく、「葛井寺」だから藤の名所にしたんだろうな。
それでは、美しい藤をランダムに。
005.jpg006.jpg
007.jpg008.jpg
009.jpg010.jpg
「鐘楼」。
011.jpg
012.jpg013.jpg
014.jpg
015.jpg016.jpg
019.jpg
020.jpg021.jpg
022.jpg
藤の花を堪能し、茶店で抹茶と葛餅をいただいて寺を後にした。
023.jpg
西隣の「辛国神社」にも立ち寄った。こちらも広い境内に木々が欝蒼と茂った、趣のある神社であった。
024.jpg025.jpg
少し疲れたので帰りは「三宅ランプ」から阪神高速に乗った。やはり高速は速いな、と思ったことだよ。12時過ぎには帰り着き、家で昼食を。速攻の藤見ドライブであった。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ノンフィクション『みんな彗星を見ていた』雑感 [読書]

『みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記』
                星野 博美 (著)

001.jpg
3か月前、映画沈黙ーサイレンスー』を観た。原作を読んでから40年経って、改めて日本におけるキリスト教受容のありようについて考えさせられたが、分からないことも多かった。その後BSの「英雄たちの選択『悲劇のキリシタン弾圧~大人になった天正遣欧使節の決断~』」という番組をたまたま観て、あの教科書でもよく見る「天正遣欧使節」が帰国した後の運命についてやっていて、彼らが苦難の旅の末渡欧して、ローマ教皇に謁見したところまでしか知らなかったので、彼らが帰国した時すでにキリシタン弾圧が始まっていて、四人がそれぞれ数奇な運命をたどったことを知り驚いた。その中で座長の磯田道史さんもさることながら、星野博美さんの発言が妙に実感がこもっていて興味を惹かれた。
002.jpg
そこで星野さんについて調べてみると、写真家でノンフィクション作家とあり、2015年に標記の作品を上梓したとある。この作品が縁で番組に呼ばれたのだろうと思った。462頁もある本なので買うのをためらっていたが、図書館にあったので借りてみた。表題に「私的~」と書いてある通り、学術論文的ではなく、自分のミッション・スクール体験、出自である房総半島東岸の岩和田にドン・ロドリゴというスペイン人が難破上陸した時の交流、そして遣欧使節が秀吉の前でリュートを演奏していたらしいということからリュートを習い始め…、というように自分の体験と重ね合わせながら、当時のキリシタン迫害の実像に近付いていく、という描き方であった。
千々の悲しみ 天正遣欧少年使節の奏でた曲をリュートの演奏で。「伊東マンショ」の肖像画が。
https://www.youtube.com/watch?v=wKHxGwrqy-w

003.jpg
自分がこの方面に疎いこともあって、またそれぞれのエピソードと史実との結びつきがやや本人の思惟の中でのそれなので分かりにくいというのもあったためか、惹き込まれながらも一気に読むことが出来ず、何度も借り直して2か月かかってやっと読了することが出来た次第。まあ、他にもやることがいっぱいあったからなあ、と言っても自己弁護でしかないが。実際には一世紀も続いたという日本のキリシタン史(もっと短いかと思っていた)について詳しく言及できるほど読み込めていないので、いくつか気になった点だけあげておきたい。
004.jpg
私達がよく知っているのは、ザビエルをはじめとするイエズス会の活動だろうが他にフランシスコ会やドミニコ会などの托鉢修道会も存在していて、むしろこちらの方がより禁欲的で常に裸足で歩き布教をして、キリシタン達の崇敬を集めている部分もあったようだ。先ごろ高山右近が「福者」の認定を受けたことが話題になったが、スペイン・ポルトガルの司祭達ばかりでなく、多くの日本人殉教者達も福者として認定されている。殉教の定義としては、異教徒の迫害に耐えて刑死するなどの基準があり、その結果極東の国日本が最も殉教者の多い地域になったというのは、異教徒による迫害が歴史的にも世界の中で最も多かったからだということには驚いた。
005.jpg
日本人キリシタンの信仰が偶像崇拝に近いものでカトリックの教義と違うとの指摘も当時あったようだが、司祭達が殉教を強く望み、殉教の様子はつぶさに記録され、遺体や着衣などは聖遺物として本国に持ち帰り崇敬の対象となるという。「聖遺物」といい「奇跡」といい、それらが日本人キリシタンの「偶像崇拝」とどれだけ違うのかは私には分からない。遠藤周作が言うように日本人はどんな宗教でも日本的に解釈して、本来の宗教から乖離してしまうのだろうか。

この本を読んで、以前考えていたより当時のキリシタン達の宗教的情熱は激しいものだったと知った気がする。そして、その情熱が独裁的為政者である家康(江戸幕府)の支配を超えてしまうと考えたとき、弾圧は激しくなったのかもしれない。秀吉も家康も初めは司祭達を追放すれば事態は収まるだろうと考えていたようだから。その後檀家制度で日本の宗教は実質的に根絶やしにされる。現代においても、「うちは~宗だから」というように、それがかつて機械的に割り当てられたものだということを忘れたかのように受容しているように見える(現代人は無宗教だからという見方もあるが)。それはキリシタン弾圧以降連綿と続いている宗教的・政治的に骨抜きにされた日本人の心性となっているかもしれないと考えると恐ろしい気もする。

おそらくそれと平行して確立された、江戸幕府のがんじがらめの官僚制度(それは明治期から戦後まで続く)と併せて、「お上には逆らわない」という従順な大衆を作り出しているとすると、それは戦後70年の今の日本の状況そのものであると言っていいのかもしれない。読みこなせていないまま、やや妄想的な感想を書いてしまったが、戦前・戦後を通じてなんら変わらないようにも見えるこの国の精神風土を顧みるとき、この「キリシタンの一世紀」についてもっと考えていく必要があるのではないか、と思ったことだ。


みんな彗星を見ていた 私的キリシタン探訪記


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

神戸ホンキートンク5月のスケジュールetc. [バンド]

大阪「葛井寺(ふじいでら)」の藤。
001.jpg
今日5月2日は「八十八夜」だそうで、立春から数えて88日目ということは、旧暦でなく太陽暦にもとづくもののようです。いい気候ですがすぐに「夏も近づく~」になりそうですね(笑)。

さて、5月の自分のライブですが、

5月21日(日) HOBO & New Bohemians @神戸ホンキートンク 19:30 スタートです
002.jpg
前回はO矢君が助っ人に来てくれましたが。今回はO野君が中国から帰ってきてるかな。
お出かけの後でお立ち寄りください。前回のレポートはこちら

もう一つは6月ですが入れておこう(笑)。

6月1日(木) HOBO & SADAO OHYA vol.5 @アビリーン 19:30 スタートです
001.jpg

前回はBsのY川君のコーラスデビューでした。うまくいったりいかなかったりでしたが、リベンジに燃えていると思いますので乞うご期待。コーラス隊もお待ちしております。バンジョーも来てくれたら何曲かできるなあ、とはこちらからの期待です。
前回のレポートはこちら

ABILENE
大阪市淀川区新高2-16-12
06-6399-5335(阪急神崎川駅から徒歩5分)
http://abileneishibashi.web.fc2.com/


神戸ホンキートンク5月のスケジュールがFBにアップされたので転載します。

神戸ホンキートンク
神戸市中央区加納町2-2-2
Tel:078-241-2161
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/mutsuko_2005_7_9_0423
sg3.jpg
神戸ホンキートンク5月のスケジュール
003.jpg
クリックすると少し大きくなります)

また門戸厄神の「壱服庵」でも週末限定でライブをやっています。ご愛顧のほどを。
壱服庵
004.jpg
5月イヴェント予定
http://ippuku-an.at.webry.info/201704/article_2.html

それでは、今月もよろしくお願いいたします。
YA202.jpg