So-net無料ブログ作成
検索選択

0228観梅@北野天満宮 [日々の散策]

白梅と牛
kitano1.JPG
一昨日(2月25日)は菅原道真公の祥月命日だったそうで京都の北野天満宮では「梅花祭」が行なわれたとニュースで言っていた。ちょうどPTJで『大鏡』の時平伝をちょっと前にとり上げていたのに、言及できなかったのは浅学・汗顔の至りであるww

北野天満宮は「村上天皇天暦元年(947)菅原道真公の御霊を鎮めるために創建された神社である(HPより)」ということだ。死没が延喜3年2月25日(903年3月26日)とあるので、無実の罪で大宰府に流され、当地で亡くなった道真の怨霊が祟りをなしたことに恐れ慄き、40年後に鎮めのために神社が建立され、全国に広まったということなのであろう。ちなみに、以前何かの説話で無実の罪に問われた女房が、天神様に「咎(罪)なくて死す」と訴えて赦された話を思い出したのでネットで調べると、「いろは歌を七段書きした沓の部分を読むと『とがなくてしす』と読める」とか「仮名手本忠臣蔵の『仮名手本』とはこのいろは歌を指していて、赤穂浪士が無実の罪で裁かれたことを暗示している」とかいろいろな説もあり、ちょっとトリビアだったww

というわけで、今日は天気も回復したので梅を観に行くことにした。ミーハーである。
朝7時前に出発して、今回は中央環状の吹田からR171を走ったら2時間ちょっとで着いた。
北野天満宮。
kitano2.JPG
天神様と言えば「牛」が付き物であるが、境内のあっちにもこっちにも牛、牛、牛…。以前来た時は気付かなかったのにね。
kitano3.JPG
9時過ぎに着いてしまったので、10時の梅園の開場には時間があったが、境内の梅だけで十分楽しめるほどたくさんの梅の木があって楽しめた。いくつか載せてみる。
kitano4.JPGkitano5.JPGkitano9.JPG
「長五郎餅」。名物というので買ってみた。
kitano6.JPGkitano7.JPG
10時になると長蛇の列。
kitano8.JPG
紅葉もなかなかのものだったが、やはり天満宮は梅の花かな。

宇治に住んでいる友人に連絡したら、息子さんが親知らずを一気に4本抜いて入院中とのことであった。寒いし早々に退散しようかとも思ったが、せっかく京都まで来たからということで、5キロ東にある銀閣(慈照寺)に立ち寄ることに。

銀閣は以前訪れたことがあったようななかったような。でも大概の京都の寺社はそんな感じではあるのだがww 行ったことないのに知ってるつもりになっていたり。
「銀閣」
gin1.JPG
金閣に比べて地味な印象があったが、実際に見てみると、見事な庭園をバックに「銀沙灘」・「向月台」と対峙しているかのように銀閣が建っているさまはまさに「しぶい!」という感じで金閣のきらびやかさに負けてないと思った。年のせいかな?

庭園の美しい苔。
gin2.JPG
これはどうも「馬酔木」という花らしい。名前は知っていたけど。
asebi.JPG
銀閣の前には琵琶湖疏水から続いている疎水があり、それに沿って「哲学の道」があった。
gin3.JPGgin4.JPG
でも南禅寺まで歩くのは次回にしよう、と思いつつ京の都を後にしたのだったよww

P.S.昨日、当ブログのアクセス数が30000に到達しました。始めてから10.5ヶ月ですのでうれしい限りです。ブログを書かなかったらもっとグータラでヒッキーであったのでは、と考えるとこれはもはや「生きる支え?」というと大げさ過ぎますが、読んでくださる方々のお蔭と思っております。今後とも瘋癲老人の瞑想(迷走)にお付き合い下さいますよう、宜しくお願い致しまする(笑)。



nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

デイドリーム・ビリーバー[私の好きな20世紀の唄たち]vol.40 [20世紀の歌Ⅱ]

monkees.jpg
Daydream Believer(デイドリーム・ビリーバー)
written by John Stewart
Played by The Monkees

「デイドリーム・ビリーバー」はアメリカのアイドルバンド" The Monkees " の68年のアルバム『The Birds, The Bees & the Monkees 』に収録され、ビルボードの#1になった曲である。作詞・作曲は、元キングストン・トリオ のジョン・スチュワートだそうでちょっとびっくり。モンキーズはあのビートルズに対抗するバンドを米国でも、ということでオーディションで集められたバンドである。日本のジャニーズみたいなものかww

ルックスやテレビの音楽バラエティ番組用として結成されたので、メンバーは最初は楽器もちゃんと演奏できなかったそうだ(マイク・ネスミスは別かな)。楽曲も一流どころのライターに創らせたので、いわゆるロックバンドではなかったのだが、上記の曲も含め佳曲ぞろいらしい。実は他の曲はあまり聴いたことがないのでこれを機会に聴いてみようと思っている。初めて自覚的に聴いたのはアン・マレー 79年のアルバム『愛の残り火』(I'll Always Love You)であったと記憶している。

10年前「20世紀の唄たち」を書き始めたときこの曲も候補になっていたのだが、内容がはっきり腑に落ちない箇所があり、紹介できずにいた。今回改めて調べていると少しわかってきたので、書くことにした。夢ばかり見ていて現実感の希薄な男の子(ジョン・レノンみたいな?)が学園のクイーンを射止めて新生活を始めるのだが、楽しいけどおママゴトのような二人の暮らしぶりで本当に大丈夫かな、と周囲が(自分たちも)心配している、というような内容なのかなと今のところ思っている(異説があれば教えて欲しい)。書いたジョン・スチュワートも若者向けの歌としていろいろ工夫(苦労)したのかなとも思うが、覚束ないまま新生活を始める二人にほほえましさも感じる曲だな、と改めて思うことができた。

いろいろなミュージシャンによってカバーされている名曲であるが、忌野清志郎が89年にタイマーズ(タイガースのもじりとも大麻sとも)名義で日本語で歌ったカバーが秀逸である。当時よくカラオケで歌ったものだが、死後の今もCMで流れているのを聴くと、やはり奴はただ者ではなかったなあ、と今さらのように早すぎる死が惜しまれる。kiyoshiro.jpg


youtubeはまずモンキーズ
https://www.youtube.com/watch?v=nU615FaODCg
アン・マレー版も
https://www.youtube.com/watch?v=9gN37gEKDrM
タイマーズ版
https://www.youtube.com/watch?v=ZZ0JMoZ1Boc
付録:僕の好きな先生 RC SUCCESSION(好きな歌なのでww )
https://www.youtube.com/watch?v=3VihEmNnw9c

デイドリーム・ビリーバー

あの美しくさえずる幸せの青い鳥の
羽の陰で休んでいられたらいいのにな
6時の目覚ましが鳴らなければ休んでいられるのに
でも時計は6時に鳴って、それで起こされるのさ
眠たい目をこすって洗面所に行き
髭を剃るカミソリは冷たくてヒリヒリするんだ

**
さあ、目を覚まして,お寝坊なジーン!
ああ、本当にわかってるのかな
この夢を見てばかりいる男の子と
学園の女王だった女の子は

以前君はぼくのことを
白馬の騎士だと思っていたよね
そんなぼくが今どんなに幸せを感じているかわかってるだろ
ああ、ボクたちの楽しいときが始まっているよ
お金は1ドルだって使わずにね
でも本当のところ、どれだけの金が必要なんだろうね

**
さあ、目を覚まして,お寝坊なジーン!
ああ、本当にわかってるのかな
この夢を見てばかりいる男の子と
学園の女王だった女の子は

Daydream Believer

Oh, I could hide ‘neath the wings
Of the bluebird as she sings.
The six o’clock alarm would never ring.
But it rings and I rise,
Wipe the sleep out of my eyes.
My shavin’ razor’s cold and it stings.

Cheer up, Sleepy Jean
Oh, what can it mean
To a daydream believer
And a homecoming queen.

You once thought of me
As a white knight on a steed.
Now you know how happy I can be.
Oh, and our good times start and end
Without dollar one to spend.
But how much, baby, do we really need.

Cheer up, Sleepy Jean.
Oh, what can it mean.
To a daydream believer
And a homecoming queen.

デイドリームビリーバー (詞:忌野清志郎)

もう今は 彼女はどこにもいない
朝はやく 目覚ましがなっても
そういつも 彼女とくらしてきたよ
ケンカしたり 仲直りしたり

ずっと夢を見て 安心してた
僕は Daydream Beiliever
そんで 彼女は クイーン

でも それは 遠い遠い思い出
日がくれて テーブルにすわっても
Ah 今は彼女 写真の中で
やさしい目で 僕に微笑む

ずっと夢を見て 幸せだったな
僕は Daydream Beiliever 
そんで 彼女は クイーン

ずっと夢を見て いまもみてる
僕は Daydream Beiliever 
そんで 彼女は クイーン

ずっと夢見させてくれてありがとう
僕は Daydream Beiliever 
そんで 彼女は クイーン


Greatest Hits


The Best..So Far


ザ・タイマーズ


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

低山ハイキング?! [山歩き]

本に載っている山ガールたち
tei1.jpg
先日コンビニで雑誌を見ていてふと目に付いたのが、Kansai Walker の「関西低山ハイキング」という本であった。当ブログで標榜している?「なんちゃって登山」と大同小異であることは容易に想像できたが、それにしても「低山」とは、驚きを通り越してある種の「いさぎよさ」まで感じてしまう。で、思わず買ってしまったww
tei2.jpg
発行日が14年8月29日となっているので、私が「なんちゃって登山」を始めて3ヵ月後に出されたものであるということは一応明記しておきたいww (それが何か、と言われそうであるが)。日帰り登山39コースに加えて、周辺のグルメ温泉ガイドや基本的な登山装備などの記事が満載でる。
tei4.jpgtei5.jpg
数年前から「山ガール」がブームになっているようであるが、本格的登山はどうも、と尻込みする「山ガール候補者」をターゲットにしているようである(掲載されるほとんどの写真に様々な服装を身につけた山ガールが写り込んでいる。決して瘋癲老人が載らないのはなぜ?)。
tei3.jpg
中には伊吹山や御在所岳という1200mを超える山もあるので、いちがいに「低山」とはいえないが、逆にあえて「低山」というところに言葉の魔力があるのだろうか?

私がこういう安直な(失礼!)山歩きを始めたのは、数年前に購入した「クルマで行く山歩き」によってであった。上記の本も含めて大概はどこかの駅が起点になっている中で、山麓や中腹のパーキングが起点になっている点が斬新であった。旅の中のオプションの一つとして重宝していたのだが、いずれにしてもこれらのガイドブックを参考にしながら、更に一工夫するところに面白さがあるように思う。とか言ってもやっぱり邪道じゃねww


ウォーカームック 関西低山ハイキング 61805‐75


クルマで行く山あるき 関西周辺 (大人の遠足BOOK)


0221 BOHEMIANS@KOBE HONKY TONK [バンド]

HONKY TONKの入り口
hon1.JPG
風邪からの回復もままならぬのに、いつもより早く7時半には店に入ってしまいましたが、もっと早くからBjのI佐君がバンジョーを弾いていました。心がけが変わったのかと聞くと、愛媛から高速バスで帰ってきたとのこと。遠くの親御さんの世話は大変じゃね。

FdのO野君が来月からしばらくロスのシリコンバレーや中国の深圳に長期出張があり、しばらくバンドはお休みするとのことで、急遽惜別の?演奏会と相成りました。「5月からはできますんで」と言われましたがww

RAGTIME ANNIE や WASHINGTON COUNTY , ORANGE など次々とFIDDLE TUNE を演奏してくれました。

今回は店の内外の写真をいくつか。
楽しそうな店内。
hon2.JPGhon3.JPGhon4.JPGhon02.jpg
斜め前にある面白そうなお店「KOBE 小味加味 」。
hon5.JPG
少し歩くと名店「グリル末松」が。
hon6.JPG
ということで、来月は4人かもですがよろしくお願いしますww

0218@岡本梅林公園 [日々の散策]

bai1.JPG
しつこい風邪がやっと小康状態になり、今日からリハビリ。1コマ仕事をして、午後に岡本の梅林公園を覗いてみた。岡本の梅林は往古から有名だったようで、「梅は岡本、桜は吉野みかん紀の国、栗丹波」と唄われていたそうである(by wiki)。戦前の阪神大水害に伴う山崩れなどで消失していたのを、82年に再整備が完成して今の形になったそうで、思えばできた頃からちょこちょこ行っていたような気がする。周囲にはどんどん住宅が建っていって、今では住宅群の中に埋もれた感じでとけ込んでいる。「岡本梅林祭り」の幟が各所に立っていた。
入り口手前の石段。
bai2.JPG
公園入り口。
bai3.JPG
まだ開花には少し早かったようで、全体として華やかな感じはやや少なかったが、立派な石垣や池などが配置され、落ち着いた感じであった。
bai4.JPGbai5.JPG
紅梅と白梅。
bai6.JPGbai7.JPG
梅林から見た市街地。
bai8.JPG
ここからもう少し登ると、「なんちゃって登山」でも紹介した保久良山(神社)脇の梅林があるが、まだ病み上がりなのでもう少し体力が回復したら行ってみようっと、と決意してとっとと公園を後にしたのであったww

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

映画「王の涙 イ・サンの決断」@元町映画館 [映画]

isan1.jpg
韓流ドラマにそれほどはまっているわけではないが、日曜夜の地上波の再放送は大河ドラマ的に観ていた。「宮廷女官チャングムの誓い」から「イ・サン」「トンイ」と観て今は小休止状態。ちなみにこの3作品ともイ・ビョンフン監督のメガホンで、この監督の作風が好きなのかもしれない。延々と繰り広げられる権力闘争ドラマの中にヒューマニズムが貫かれているからだろうか(けっこうはまっているのかも)。トンイ(実在かどうか不明)が生んだ子が李氏朝鮮第21代国王「英祖」であり、その孫が第22代国王「正祖(イ・サン)」という関係にある。
isan2.jpg
全77回という超大河ドラマを2時間半でどう表現するかという興味と、TV版でイ・サンの愛妃ソン・ソンヨン役をした可憐なハン・ジミンが最大の悪役貞純王后役に挑戦するというのもあった(これが一番かも)。風邪が悪化してJam会にも行けそうにないので、せめて映画でも観ようと思った次第。

映画版は背景となる老論派を中心とする権力闘争や父・サド世子が陰謀で殺される場面なども交えているが、即位前後に何度も暗殺の危機にあったイ・サンの最大の危機、1777年7月28日に起こった「丁酉逆変」の一日に焦点をあてて描かれたアクション・ドラマといっていいものであった。このお話は皆知っているだろうというのが前提の作品であるともいえる。戦闘シーンは映画ならではの迫力があったし、刺客集団のボスが孤児を拉致して刺客に仕立て上げていく様は、今現実に中東で行なわれているらしいことと重ねられて、痛ましいものがあった。
isan3.jpg
やはり、総集編でもいいからTV版で観た上で観賞するのがいいのだろうと思う。ハン・ジミンさんは自ら志願したとのことであるが、可憐な地を消せなくて、思わず「ソンヨン~!」と心の中で叫んでしまったことだよww

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

0213壱服庵 solo 7 [バンド]

今朝のhobo
2130.JPG
ではなく、ベランダに現れた野鳥。なんという鳥かな?
2131.jpg
今日は翌日が入試なので2hで終了ということで、昼を食べてから2時間ほど仮眠しました。どうも家人の風邪が感染ったようですが、実は先月も風邪だったので、やはり「マーフィーの法則」かなあ。小雪ちらつく中「このお店は一日限定○組だけ来ていただける隠れ家的名店です」という設定でなんとかライブを終えることができましたww
ちなみに「イタリアン前菜5種盛り(600円)は絶品で、お酒が進む君らしいですぜ(お客さん談)
2133.JPG
今回新たにとり上げたのは、冬ということでアン・マレーの " SNOWBIRD " 。軽快な曲ですが「永遠の愛と信じた人は untrue だった、雷鳥さんあなたが飛んでいくすばらしい国に私も一緒に行きたい」という失恋ソングです。
youtubeはこれ。snowbirdの映像付ですよ。
https://www.youtube.com/watch?v=pq9bHd58-LA

若い頃ブルーグラス・スタイルで演ってたので歌詞もよく覚えていましたが、ソロを始めて半年、どうも私の演奏は何を演ってもブルーグラスのリズムになってしまうようです。いろいろなジャンルの曲をブルーグラス・スタイルに取り込もうとすることが染み付いてしまっているのか?還暦過ぎのおっちゃんにはなかなか難しい課題ですな。
2132.JPG
ともあれ来月も第2金曜日(13日)に演りますのでよろしくお願いします。奇しくも同じ13日の金
曜日ですがww

PEACH PICKIN' TIME IN GEORGIA       
SNOWBIRD
なごり雪
CITY OF NEW ORLEANS       
IT'S A SIN TO TELL A LIE       
MR. BOJANGLES       
AN OLD FASHONED LOVE SONG
HOBO'S LULLABY       

LAST THING ON MY MIND       
ANNIE'S SONG       
I Am A Pilgrim
THE LAST WALTZ
PLACE IN THE SUN       
それはスポットライトではない       
Ramblin' Round

ダイエット? [日々の雑感]

深江浜からのスリムな夕日
hukae.JPG
写真はイメージです(笑)

リタイアしてからはどうしても活動量が減るので、体重の増加が不安だった。「なんちゃって登山」や「けちけちドライブ旅行」ではエネルギーの消費も知れているから。高3のとき68kg、貧乏な学生時代の最後は64kgだったから、15kgは増加している。友人でラーメンばかり食いながら10kgダイエットした奴がいたが、あまり参考になりそうにないww

秋になって(10月ごろ)ネットで石原 結實さんの「食べない」健康法 (PHP文庫) を買って斜め読みしたところ(良い子は真似しないように。ちゃんと読もうね。)、
朝:人参林檎ジュースを飲む
昼:蕎麦か饂飩で軽く済ます(唐辛子入りが体温を上げるのでよい)
夕:好きなものを好きなだけ食べてよい
その間空腹を感じたら生姜紅茶やかりんとうを少し
というものであった。本当は1日一食でいいんだということであったが、上記の程度ならできるかな、と思ってだいたい実行している。そういえば2年前に家人がやたら昼に蕎麦を食べていたときがあって、何かなと思っていたが、どうもこれをやっていたらしい。結果はノーコメントww

実際昼は蕎麦より重いものを食べているし、夜は好きなだけ以上に食べていると思うので、忠実な実行とは言えないと思うが、だんだん近づけていきたいものだ。ネットでは「8時間ダイエット」というのも流行っているらしく、こちらは一日の食事を何度でも良いから8時間以内に収めるというもので、両者の共通点は一日のうち16時間は食べずに代謝にあてるというもの。まあ、理にかなっているのかな、と思う。

いずれにしても、一食減らせば少なくとも食費はスリム化することは確かだww
今のところ3kg減っては暴飲暴食で元に戻る、というのを繰り返しているが、4月以来増えていることだけはないぞ(自慢?)。こうして表明すると、ちょっとはちゃんとやるかもしれないと期待もしている。そのうち素晴らしい報告ができるといいのだけれど。 

「食べない」健康法 (PHP文庫)


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ソーラー バタフライ@D2 [日々の雑感]

蹴上のソーラーバタフライ
solar1.JPG
先日琵琶湖疏水を歩いたとき(「0201@琵琶湖疏水」参照)、蹴上の近くの工場の前にソーラーバタフライがあり、面白いと思って写真動画を撮ったが、動画をFBにあげたのでブログには書かなかった。

その後どっかで売ってないかなと思って、「ソーラー・蝶」で調べるとけっこうネットで売っていて、「ソーラー バタフライ」という名であると知った。700円+送料というので、安いなと思いつつちょっと逡巡していた。家人が「ホームセンターで売ってるんちゃうん」と言うが、ハンズだったらあるかもと思っていた。今日帰りに試しにD2に寄って見たら、ありましたがな。しかも298円(税込)という格安で思わず買ってしまったww
solar2.JPG
蝶が3種入っているのかと思いきや、一箱に一羽だけだった。良さそうだったらもうひとつ買ってみようっと。とりあえず組み立ててベランダの鉢に挿してみた。
solar3.JPG
ベランダは去年までアロエのジャングルになっていて、いい泥棒よけになっていたが、8月からの外壁工事で撤去してしまった。これがその代わりになるかなあ、とちょっと期待。上手く動いたらまた追記しますww
0212最初動かなかったので壊れてるんちゃう?と思っていたら、今日元気よう飛んでました。
一瞬だけアップします。



0208@野麦峠スキー場 [旅日記]

雪の境峠
mug1.JPG
シーズン2回目の野麦。暇になったからもう少し行けるかと思っていたけど、なかなかそうならない。なんでかな、と考えてカレンダーを眺めていたら、世の中多くのイベントはやはり週末に集中しているからなんだと気がついた。今シーズンももう一回行けるかどうかというところか。

1日目は非常に天気がよく(野麦は南信州なので晴天率は高いのだ)、気持ちよく滑れた。御嶽山はこの日も左手の辺りに水蒸気かと思われる雲が出ていた。
mug2.JPG
この日も乗鞍の左手に白山が遠く見えていた。動画も撮ったのでyoutubeにアップできたら後で追加しようと思う。白山が見えると翌日悪天候(1月の記事参照)ということだったが、まさか二度も的中するとはww
乗鞍・白山・御嶽山

2日目は午後から雪か雨という予報だったのに、朝から雪が降っていた。吹雪ではなかったので最初はまあまあ滑れたが、だんだん湿り雪が積もってくると、どんどん下手になってくる悲しき中級者(泣)。1時過ぎには退却することに。
食堂で鳥唐揚げを食べたとき、ふと思いついてマヨネーズに一味を山ほどかけて添えると、ピリ辛チキンになった。新発見ww
mug3.JPG
これは受験生には買って帰れないかも。
mug4.JPG
4時間でこれだけ車に雪が。
mug5.JPG
帰りを早めたのは道路の雪が心配だったからでもあるが、スキー場から境峠・R19(薮原駅)の手前までずっと雪道だった。
mug6.JPG
R19の途中で霧が山にかかってきれいだったので撮ってみた。実物の方がずっと良かったけど。
mug7.JPG
R19を下って一宮ICで高速に乗ろうとナビっていたら、1月の行きの途中で立ち寄ったラーメン屋さん「一富士」の近くを通るとわかって再訪。まさかまた行くことになるとは思ってなかった。「縁は異なもの」ですなあ。帰ってみるとこちらも零度近くてびっくり!!




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

神戸ホンキートンク2月のスケジュール [バンド]

今日は2月3日の節分、十五夜と重なる日のようです。さて、神戸ホンキートンク2月のスケジュールがFBにあがったので転載します。月日の経つのは早いもので Bohemians が演奏を再開したのは震災後の98年ぐらいだったかな。以来メンバーを替えながら月一回のライブをなんとかこなしてきました。主にMdとFdを神大の若手からスカウトして続けて来ました。主婦になった方3名(ナッシュビル在住もいる)、東京や海外に転勤していった若者もいましたなあ。今やってくれているアラ30の二人もまた転勤とかあるかもねえ。存続以上の活動もしていきたいもの。

我がBohemiansは定例の第3土曜(21日)8時半スタートです。ヨロシク

お問い合わせは下記へ
神戸ホンキートンク
神戸市中央区加納町2-2-2
Tel:078-241-2161
クリックすると少し大きくなります。
honky2.jpg
また、「壱服庵」soloは第2金曜(13日)です。こちらはもう半年になるのか。お客さんも少ないしいつまでやらせてもらえるか、ですが新旧のフォーク・カントリー・ロックなど選りすぐって頑張っています。7時過ぎスタートなので気軽に立ち寄ってくださいね。

お問い合わせは下記へ
壱服庵
西宮市下大市東町20-5  フェニックス門戸3階(駅から3分東)
電話 0798(51)0210
2月イヴェント予定
http://ippukuan.blog.eonet.jp/default/2015/01/post-424c.html

さて、今日は節分。小さい頃ヒイラギを庭先に挿した記憶があるけど、恵方巻などは近年復活?した風習のようで、バレンタインのチョコと一緒で海苔屋さんの陰謀という説も。今年は蕎麦も新規参加したようですが。我が家も流行に遅れることなく、恵方巻・鰯・柊・蕎麦巻とセットででてきましたよんww
DSC_0239.JPG


0201@琵琶湖疏水(西半分) [山歩き]

琵琶湖疏水(ねじりまんぼ)
biwa0.JPG
琵琶湖疏水は正月の番組「ブラタモリ」で紹介される以前から一応気にはなっていた(自己主張!)。でも番組を見たから行ってみたいという気持ちが強まったのも事実であるww

行くのが億劫だった理由の最たるものは、どこに車を停めてどういうコースを取ればいいのか、というのがいまいちつかめなかったからでもあった。今日早く目覚めたこともあり、とりあえず蹴上にあるインクラインと南禅寺の水道橋に絞ろうと思って、7時半に出発した。

もう一つのミッションは、京都まで地道で行くということで、R171から中央環状(府道2)の中国縦貫の部分、近畿道の部分と走って、第2京阪の側道へ。これはR1のバイパスということだ。山科に着いたのが10時半ごろ。10時過ぎから雪がけっこう降ってきて、駅の西に車を停めて歩き出した頃は家々の屋根が真っ白になっていた。
山科駅付近のモダンな教会(幼稚園)
biwa1.JPG
琵琶湖疏水は大津から南禅寺のあたりまであるのだが、全部を歩くのは大変(哲学の道などを加えると更に長い)なので、今回は山科を起点とした。
山科付近の疎水。水は少ない。両側は散策路になっていて、春は桜がきれいだろうと思われる。
biwa2.JPG
雪化粧した山科市街。
biwa3.JPG
この柵はかなり古いコンクリート製。
biwa4.JPG
雪の花。
biwa5.JPG
第2トンネル西口と扁額。トンネルの出入口に必ず扁額が。
biwa6.JPG
「隨山到水源」西郷従道 筆 とある。
biwa7.JPG
他の扁額はこのページに案内が。
http://www.city.kyoto.lg.jp/suido/page/0000007764.html
トンネル部分は山なので迂回するのだが、特に第3トンネルの部分はいったん国道まで出なくてはいけないので、ちょっと不案内で困った。地下鉄「蹴上」駅のところで再び疎水に上がるとそこが「インクライン」である。
「蹴上」駅付近にあった不思議なカフェ " KICK UP "
表の看板に「ジャンバラヤ・ライス」とあったのでつい入りぬww
biwa10.JPG
「安養寺」参道から入る。
biwa9.JPG
「インクライン」とは疎水が京都市内に入るとき落差があるので、鉄道のレールを敷き、貨車に「二十石舟」を積んで運ぶというものである。
上から見た「インクライン」。
biwa11.JPG
タモリ氏の所謂「犬釘」。
biwa12.JPG
このように舟を積んだようだ。
biwa13.JPG
インクライン下部の着水部分には見事な噴水があった。向こうの建物は「動物園」
biwa14.JPG
蹴上から南禅寺に移動し、境内の「水路閣」を見る。古刹の中に突如近代の構造物が現れるのが不思議だが、こちらも相当古いので妙にマッチしていたww
biwa15.JPG
「水路閣」の上に行くと実際に疎水が通っているのがわかる。
biwa16.JPG
水路沿いに再び蹴上に戻り、地下鉄で山科まで戻って今日のミッションは終了。4時間弱の散策であったが、けっこう足は疲れた。雪の疎水も悪くなかったが、桜や新緑・紅葉の時期に歩くのもよさそうだと思ったことだよww

帰りは混むから高速でと思っていたのに、なんか意地になって往路を帰ることにしたが、「外環状」というのが途中で狭かったり、迷ったりして3時間以上かかってしまった。今回の教訓は「京の下町をなめたらあかん。」ということであった。十条から伏見のあたりは迷い込んだら出るのが大変、と記憶しておこう。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域