So-net無料ブログ作成
検索選択

車ファーストインプレッション [日々の雑感]

DSC_0152.jpg
火曜日に納車して3日乗ったので、とりあえずの印象を書きとめておく。
中古車屋さん
今日になってお店の評判というサイトを見ると、あまり芳しい評価ではないので、ちょっとがっくり?でも、ナビとETC・バックカメラ・3年保証(年4回のオイル交換等)フロアマット等をつけて、2年11ヶ月の車検があって、車両本体価格から△13万。あまり損したと思ってないので良しとすることにしよう。後で出てくるかもしれないが。

見た目
はほとんど変わらない。サイズもほとんど一緒だし同じ黒。運転していても違和感がない。12万キロかどうかだけだな、という印象。

新たな装備
インフォーメーション… 燃費計・残りの走行距離とか出てくるが、面白いのは初めだけかな?

アイ・サイト… まだぶつけてみてないのでなんとも言えない(笑)。レーンから外れたり、前の車が出て少し  すると警告するのでうるさい(外せるけど)。

バックカメラ… 障害物があるか分かるだけ。必要なときもあるか。

オートクルーズ… まだ未使用。前車追従とかあるらしいが、性格的に合わないような。

シートヒーター… 前のがなくて欲しかったのでうれしい。

前との違い
カーナビ… HDDからメモリーナビに変えた。曲が多すぎて管理できなかったから。3万安かったが、16Gで 4000曲だから十分。usb&ipodのスロットがあり、これは使える。動画も再生できる。

バドルシフト… 前はフロアのマニュアルだったからまだ慣れない。特にハンドルを切りながらのシフトが難しそう。まあないよりはずっとまし。

収納… 前より更に少なくなった。まあ買う前から分かってはいたが。工夫するしかないか。

アイドリングストップ… これで燃費を稼いでいるのだろう。最初気になったけどすぐに慣れた。バッテリーも少し割高らしいが、ハイブリッドよりはよっぽど環境にやさしいのではないか(レア・アースとか使ってないから?)。

とまあごちゃこちゃ書いたが、総じて気に入っているので、それが一番かもしれない。
これでくたばるまでの数年間?を過ごしていくわけだ。そういう意味でも大事に乗っていこうと思っているさぁwww


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

なんちゃって登山vol.11(布引滝~TWENTY CROSS) [山歩き]

布引の雄滝
nuno1.JPG
今回はネットで紹介されていたモデルコースを歩いてみた。新神戸駅~市ヶ原~トウェンティ・クロス~森林植物園というもの。市ヶ原~再度公園~諏訪山公園は遠足の定番コースだがトウェンティ・クロスは知らなかったので楽しみ々々。

出発点はいろいろ考えたが、新神戸駅の少し東(熊内3丁目)のコイン・パーキングに車をとめて歩き出した。300mも歩くとまず雌滝、次いで雄滝が姿を現す。
P1030004.JPG
どちらも素晴らしい滝だが雄滝の方がより優美な感じである。往古からの名所であったらしく、在原業平や藤原良経などの歌碑が36もあった。ひとつ紹介すると「布引の滝のたきつ瀬音にきく 山のいはほを今日見つるかも(賀茂真淵)」

そこから少し登ると展望台が。そこから見た神戸の町並み。
nuno2.JPG
更に少し登ると布引貯水池に出る。ここまではけっこうな坂道。
nuno3.JPG
イノシシも出現。恐るおそる撮る。
nuno4.JPG
きれいなおねいさんも出現。いかん、誰かの口調が感染った。
nuno5.JPG
そこからしばらくは平坦な道が続き、今日は楽かなと思いきや、こんな坂が。
nuno6.JPG
でも坂道もそう長くはないので道の変化を楽しみながら歩くことができた。さあ、いよいよトウェンティ・クロスだ。トウェンティ・クロス(二十渉の英訳?)は明治初期に登山していた外国人たちによって命名されたようだが、この辺りは徳川道(幕末に西国街道の迂回路として造られた)とも重なり、よく分からない。20も川を渉ることはなかったが、楽しい渓流沿いの山歩きであった。
nuno7.JPG
nuno8.JPG
台風で倒れた木々。
nuno9.JPG
最後の川を渉って、
nuno10.JPG
やっと現れた森林植物園の東門(出発後3時間)。有料って…
nuno11.JPG
園内の紅葉も色づき始めていた。
nuno12.JPG
REDWOODの木。
nuno13.JPG
園内のカフェでカレーとビールで遅い昼食をとる。来る前は登山も植物園も両方楽しめると思っていたが、さすがに園内を歩き回る元気もなく帰ることに。三宮までのバス(550円)と北鈴蘭台までの無料バスがあり究極の選択であったが、神鉄~北神急行で新神戸に行けるというので、後者を選んだ。場当たり的選択であったが、結果として完璧なコースであった(臨機応変の職場で鍛えられたからなあ)。

六甲山は縦横に登山道が整備されているので、これからもいろいろ考えて楽しめそうである。「なんちゃって」からやや脱却しつつある今日の山歩きだった(いやまだまだ?)ww


神戸ホンキートンク11月のスケジュール [バンド]

honkytonk.jpg
神戸ホンキートンク11月のスケジュールがFBにあがったので転載します。11月は土曜日から始まるので、第2金曜日と第3土曜日がつながります。というわけで私のライブは11月も連ちゃんになってしまいました。我がNew Bohemiansは第3土曜(15日)ですのでなにとぞよろしく。8時半スタートです。

youtubeも聞いてみよう(しつこい)。これより10倍良い演奏ですよww
https://www.youtube.com/playlist?list=PLISZWQSFHLbvHMj_OhIl4t9-L9wBCUtP0
でも、おかげで少しずつ聴いてくださる方が増えています。

お問い合わせは下記へ
神戸ホンキートンク
神戸市中央区加納町2-2-2
Tel:078-241-2161
クリックすると少し大きくなります。
honky11.jpg
また、「壱服庵」soloは第2金曜(14日)です。少しずつ上達しているのでこちらもよろしく。
7時過ぎスタートです。

お問い合わせは下記へ
壱服庵
西宮市下大市東町20-5  フェニックス門戸3階
電話 0798(51)0210
http://ippukuan.blog.eonet.jp/default/cat3286263/
IPPUKUAN.jpg
youtubeも聞いてみよう。これより1.7倍良い演奏ですよwww
KEEP ME FROM BLOWIN' AWAY
https://www.youtube.com/watch?v=CZ_gs7zraZw
MAKE ME A PALLET ON YOUR FLOOR
https://www.youtube.com/watch?v=Hkxr9xZ7rsU
TENNESSE WALTZ
https://www.youtube.com/watch?v=p1mGi8wMEeo

ジャンバラヤ
アメリカ南部のアラバマ出身の偉大なカントリー歌手ハンク・ウィリアムスの名曲ですが、タイトル名はアメリカ南部のケイジャン(アケーディアン)料理に由来します。確かホンキーのメニューにもあったのではないかな?
クック・パッドでもたくさん紹介されていますので、一度トライしてみてはいかが?
http://cookpad.com/search/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%A4

1019 Bluegrass Jam 会@伊丹 [バンド]

tom1.JPG
前から一度お邪魔しようと思っていた伊丹ジャム会ですが、日曜日の午後はなにかと用事があって行けずじまいでした。プーになっても世間はやはり週末にイベントが集中するので、週の前半と後半でどうしてもやることが分かれてしまうのが難点といえば難点。
今日は早朝から山歩きをして、昼から余裕で参加できると思っていたのに、山歩きに4時間も費やしてしまって、着いたのは2時半になっていました。カフェ・バー TOMORROW はビルのB1にあって、入るといきなりバンジョーが響き渡って来ました。

参加料は300円と超お安く、ドリンク類は向かいの販売機等でみんな調達してはるみたいです。あちこちで行われているジャム会ですが、こちらは割りとレギュラーメンバーが固定しているみたいですが、初参加の私も気持ちよく入れていただきました。知っている人、知っている顔もけっこういらっしゃっていい感じ。
tom2.JPG
チューニングをしようと店の前に出ると、入り口あたりにいた若者(後で年齢を聞くと40代だそうな)がいてマンドリンの方とジャムしてはった。一緒に何曲かあわせていると、声がかかってそのままステージに出ることに。即席バンドで4曲ほどやらせていただきました。バンジョーの彼はカントリーバンドで逆瀬川の店とかで演奏しているらしく、どおりでステージ慣れしていると思いました。こういう若い?世代がバンドを組んで切磋琢磨すると、日本のブルーグラス界ももう少し延命するのかな、と思いました。5時の終了間際にお暇させていただきましたが、刺激のある午後でした。明日からしばらく MY GUITAR神戸の「天国」にしばらくドック入り。その前の最後の演奏になりました。今日は年寄りにはハードワークで、帰って酒飲んでバタン・キューでしたww

なんちゃって登山vol.10(保久良山~五助ダム) [山歩き]

知らずに登ってしまった七兵衛山頂
kin1.JPG
前々回保久良山に登ったが、その奥の金鳥山までは行かなかった。また下りるときに通った登山道を登ってみたい気持ちもあったので、それらを実現すべくルートを考えた。同じところへ帰ってくるのはいやなので、保久良山~金鳥山と登って、そこから西へ行って五助堰堤に抜けるコースである。普通なら金鳥山から風吹岩・横池と行って六甲山頂へ行くのだろうが、そこは「なんちゃって」なので楽なコースを考えるのだ。五助堰堤の先は住吉台の一番上で、くるくるバスの終点なので車道を歩かずに済むというのも魅力的だ。

甲南大学の少し西に24h600円のパーキングがあるので、そこに車を置いて出発した。前に下りてきた岡本八幡神社から、参道ではなく登山道を登っていく。
kin2.JPG
かなり急な道だがその分保久良神社まではかなり近かったように思う。
kin3.JPG
今回はちゃんと神社にお参りした。
kin4.JPG
神社の横手をすり抜けて金鳥山(338m)へ向かう。標高差が250mあるので、下から保久良山に登るより大変である。おじいさんが登るのを参考に、石段の端っこの段になってないところを選んで登ると少し楽な気がした。
kin5.JPG
たぶん金鳥山頂のあたりから見た六甲アイランド
kin6.JPG
この辺りからは分岐が多くて迷ってしまいそうだ。標識もところどころなかったりするし、特に今回のような王道ではないコース取りをすると厳しい。地図等でしっかり確認しないと天候や季節によってはひどい目にあいそうだ。六甲山頂方面でなく、岡本に下りるのでもないいことを基準に方向を考える。
kin7.JPG
西に水平に続く道は、森林浴コースと呼ばれているらしく快適な道であるが、だれともすれ違うことがない。
kin8.JPG
この先には七兵衛山(462m)や打越山(480m)などがあり、できればその山裾を回り込みたかったが、途中で出会った一人で登っていらっしゃるかなりご高齢の山ガールのアドバイスを聞いたりしているうちに七兵衛山頂に行ってしまった(冒頭写真)。
そこから北へすこし下りていくと、ようやく五助堰堤という標識があり、それに従ってさらに下りると清流にぶつかった。
kin9.JPG
少しのぼってまた下りると、そこが五助堰堤であった。
kin10.JPG
kin11.JPG
8時半に出発して2時間ちょいのつもりが、エクセル東のバス停に着いた時は12時を過ぎていた。
くるくるバス。
kin12.JPG
この辺りは谷が深いので、横に抜けるのが大変だとわかった。もう少し上(風吹岩・雨ヶ峠)まで行ってから別のルートに下りるのが良策、というのが今回の教訓ww

1014車買い替え@神戸市西区 [日々の雑感]

F1.jpg
12月の車検が近づいてきて、3度目の車検を通すかどうか迷っていた。車検を通すならその前にタイヤを交換する必要があるので、決断を迫られていたが、1週間前の朝ふと思いついてネットの車査定をしてみた。これはクリック一つでできるから、決断力のない自分にもできる。そういえば今の車を買うときもそれがきっかけだったな。7社ぐらいから電話がかかってくるのを耐えて(無視して)いると、ポツポツとメールで査定が送られてきた。7年落ち・12万キロにしてはいい値段がつけられている。これは買い替えもありかな、と思いは乱れた。タイヤを替えて車検を通すと25万ぐらいかかるしなあ…。今乗っているのはT社のSUV(**4)で気に入っているし、ディーラーのサービスもいいのだが、こちらから言わないからかあまり売る気がない(殿様商売?)ように見える。

しばらくグズグズしていたが、台風接近で家にこもっていたとき、ふとネットの中古車情報を覗くと、N社の新しいSUVが一年落ちで出ていて、しかも店が神戸市西区にあるSUV専門店と知って、これなら行って現物を見ることもできそう、と思った。月曜日は台風直撃で警報発令中だったので、翌日行ってみた。実は中古車屋さんに行くのは初めてなので、どういう展開になるのか全く予想できてなくて、ちょっと見て昼食って帰ろうというスタンスだったのだが、3時半まで店にとどまる羽目になってしまった。
F2.jpg
行ってみるとけっこう大きな店でびっくり。ウロウロする間もなくお客様コーナーに案内された。そこも今のディーラーの倍ぐらい広い。早速現車を見て、なかなか気に入ったのだが唯一CVTにマニュアルシフトがついてないのが難点だった。今の車にはついているのでのちのち後悔するかも、と思った。これが中古車選びの一つの難点で、じゃあ別のグレードでというわけにはいかないのだ。今日はここまでで帰ろうと思っていた。
F3.jpg
ところがふと後ろを見ると、S社のSUVがあるではないか。なにしろ専門店だから同じような車が山ほどある(笑)。実はこの車もモデルチェンジしたとき、今度買うならこれもいいなと思っていた車でアイサイトにも興味があった。しかも走行10キロの新古車である。あまり考える間もなく急遽これで交渉することになった。なんか自分の人生を象徴しているなあ。その後の交渉経緯は省略するが、ディーラー回りと違って即断即決的なやり方なのか「帰って検討します。」はあまり通用しないようだ(自分が弱気なせいか)。「きっと最後の恋だと…」というラヴ・イズ・オーヴァーの一節を頭の中で口ずさみながら、結局これなら即決という線をこちらから出して決まってしまった。

車を買うときはいつもそうなのだが、今回はさらにあっけなく決まった気がして、「これで委員会」と帰りつつ思ったが、まあ2週間後の納車を楽しみにしよう、と前向きに考えて帰途についた。昼も食べてなくて家人も夕食を作る気がしないようなので、前から行こうと思っていたスシローで夕食wwww

写真はお店のHPより転載


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

1011@神戸ホンキートンク [バンド]

この週末は神戸ジャズストリートということで、あちこちのお店や路上でジャズライブをしていたようです。こっちにも流れてきたらジャズっぽいのをやろうか、と言っていましたが、……流れて来ませんでしたなあ(泣)。その代わりFB上で頻出しているブルーグラスマニアK林氏と、ホンキートンクの名シェフT居さんが来られて一人10人分の拍手と歓声を頂いて、気持ちよく演奏することができました(ていうか、これで委員会)。

我がバンドのプー率も五分の二になりましたが、仕事が忙しい人も多いので、10日ほど前にメールで曲を予告して各自練習というやり方をやってみました。以前やっていた BLUEBIRDS SINGING FOR ME と自分としては初めて歌うセイクレッドのHALLELUJAH I'M READY TO GO をいきなり演奏しましたが、何とか上手くいったようで。

ジャズストリートに感化されたわけではないけど、次はソロでもやろうとしているオールドジャズの ALL OF ME と IT'S A SIN TO TELL A LIE を課題曲に指定したので、来月できるかどうかお楽しみにww

こんな曲です。だいぶ違うものになると思うけど。
Willie Nelson - All of Me
https://www.youtube.com/watch?v=X1ZSZUSrXc8
次はジャグバンド風のもの。たくさんあるけど。
Jim Kweskin "It's a Sin to Tell a Lie"
https://www.youtube.com/watch?v=nAUqfRqWXNg

ho10.jpg

1012@武庫川渓谷廃線跡 [山歩き]

廃線跡のトンネル懐中電灯を貸してくれた方たち。
mu1.JPG
先週だったか生瀬から武田尾へ抜ける、JRの廃線跡のハイキングコースを歩いてみようと生瀬駅まで行ったのだが、小さな駅で駐車場などは皆無だった。付近をウロウロしたが拠点とするのに適当な場所が見つからず、今回は下見ということで帰った。今日は台風が近づいているのでどこへも行けそうにないな、と思いつつふと地図を見ると、西宮名塩の駅が目に付いた。考えてみればこの駅は86年に「福知山線を複線・電化するに当たって、武庫川沿いから大幅に経路が変更された際に新設された( by wiki)」駅なので、廃線跡とは裏腹な関係にあるのだが、その時はそんなことは考えず、「新興住宅地の駅だから広い駐車場があるだろう。ここからだと廃線跡の入り口にむしろ近そうだし、生瀬と違って下って行ける。」と思い、台風でまた中途断念になってもいいか、と例によっていい加減なスタンスで行ってみた。結果はドンピシャで、ネットのガイドでは生瀬か武田尾出発のコースしか紹介されてないので、ぜひとも新たな拠点として紹介してもらいたいと思ったww

駅前の立体駐車場に車を停めてみると2時間無料で休日は最大800円と書いてあった。これは近隣の住宅地から車で来て、電車で市街に出るというニーズがあるからか。その後もバスで近くまで、とか考えたがいい案が出ず、付近を流れる小川に沿って下りれば武庫川との合流点に行けるだろうと高をくくって歩き始めた。
途中の小川
mu2.JPG
住宅街を塩瀬中学(2年前に訪問したと思う)との位置関係を測りつつ適当に下りていくと、川に沿って下りる小さな道があり、更に進むとやや大きな川にぶつかった。どうもこれが武庫川らしい。左に少し行くとそこが廃線跡入り口であった。たぶん生瀬から歩くより遥かに近いはず。いきなり西日本旅客鉄道株式会社の「告」が立っていた。
mu3.JPG
要するに「ここはハイキングコースやないから、勝手に歩いて事故にあっても責任取れませんで」ということだが、じゃあ閉鎖するかというと、そうでもないので「阿吽の呼吸」というやつか。そこを過ぎるといきなり武庫川渓谷が出現。
mu4.JPG
下流を見ると。
mu5.JPG
道には半分埋まった枕木があるのが見える。
mu6.JPG
第一のトンネル。
mu7.JPG
この線にはトンネルが八つとも九つあるとも言われている。大きなトンネルでは中は全くの闇になる。どう歩いているのか分からなくなり、壁にぶつかってしまいそうになった。懐中電灯を持っていらっしゃるハイカーたち(実は持っていて当たり前なのだが)の後について何とか通り抜けることができた。見かねたご家族が懐中電灯を貸してくださった(すぐ後でお返ししたが)。
トンネルの出口。荘厳な感じ。
mu8.JPG
再び渓谷が。下流の武庫川とは全く趣の違う急峻な流れ。
mu9.JPG
4つ目?のトンネルの出口には赤い鉄橋が。
mu10.JPG
最後のトンネル。
mu11.JPG
終着点の武田尾駅。
mu12.JPG
武田尾は先月の台風でまた大きな被害を受け、今回のコースでも通り抜けるのが難しいところが2箇所ほどあった。明後日再び襲ってくる台風の影響が少なければよいのに、と願うばかりである。

阪神の近くにこんないいハイキングコースがあるとは驚きである。20年ほど前遠足の候補地として挙がったことを思い出したが、他にもいいところがたくさんありそうで、それをさがすのを今後の楽しみとしたいものである。
今回の教訓:廃線跡ハイキングには懐中電灯は必携である(反省が生かされてないのう)ww

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1010@壱服庵 solo 3 [バンド]

P1020931.JPG
ワン・マイクに挑戦。
P1020935.JPG
連チャンライブの1日目。今日は懐かしい面々と再会できるかな、とちょっと期待していましたが、外れたようです(台風はまた直撃しそうですがww)。
NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU'RE DOWN AND OUT(CLAPTON)という気分で演奏を始めました。庵主さんからはいろいろアドバイスをいただくのですが、わかる部分とわからない部分があります。

ギターの音を控えめにシンプルに、というのは少しわかってきた気が。他の楽器がないのでギター一本で補わなければという気持ちと、もともと「お前のギターはドラムだ」と言われてたように、なるべく大きな音を出すという習慣が40年間で染み付いているせいなんでしょうな。この日からワン・マイクに初挑戦しましたが、どれだけ音がでているのかがちょっと分かりにくい感じで、よけい強く弾いてしまうのかも。

次にリズムなんですが、ギターのリズムではなく歌のリズムが8ビートでなく2ビートだ、8分の6拍子にならないで3拍子になっている、というのがまだ分かりにくい部分ですな。スタンダードジャズの曲などやってみると少しわかってくるのかも。to be continued … ww

この日の曲リスト
1st
All of me
Jesse
恋はフェニックス
Old ragged cross
Jambalaya
Country road ( chorus:お客さん)
Dutchman

2nd
Peach picking time in Georgia
Mona Lisa
Mr. bojangles
それはスポットライトではない
Hobos lalluby
Tennessee waltz you tube あげてみました
http://youtu.be/p1mGi8wMEeo
Annie's song


1008@砥峰高原 [山歩き]

砥峰高原
tono1.JPG
台風一過(次週も来るようだが)で秋晴れ、朝から周囲の壁を塗っていてシンナー臭がすごいので外に出ることにした。この辺でもススキを目にすることが増えたので、ススキで有名な砥峰高原に行ってみた。結論からいうとまだシーズンインしたばかりで、盛りはこれからかなと思った。何度も来ているらしいおっちゃんが「今年はススキが少ないな」とぼやいていたのがやや気になるが。大雨などの天候不順が影響しているのかな。

ご存知のように、ここは映画「ノルウェィの森」や大河「平清盛」のロケ地として有名で、更に今年の大河「軍師官兵衛」のロケ地でもある。とのみね自然交流館の前にのステージにはこの三つと記念写真が撮れるようになっている。
tono2.JPG
この草原は面積が約90ヘクタールあるそうだが、かなり広く起伏の変化もある草原で、全くではないがここほど手付かずともいえるものは少ないのだろう。ロケ地に適しているなと思う。
tono3.JPG
(とここまで書いていると(18:30)そろそろ皆既月食が、というニュースが飛び込んできた。それを見たり晩御飯食べたりと忙しい日になった。月食の写真は上手く撮れそうにないから、見たとだけ記録しておくことにする。)
今年は少ないとはいえ、なかなかのものである。いくつか写真を。
tono4.JPGtono5.JPGtono6.JPGtono7.JPGtono8.JPGtono9.JPG
帰りは例によってできるだけ地道で、ということでR312で福崎まで。途中コスモスの畑があった。
tono10.jpg
また沿道に祭りの準備と思われる赤や青・黄などのぼんぼりのような物が立っていたが、後で調べると市川の秋祭りがこの週末にあるらしく大蔵神社や多くの神社が一斉に祭りをするらしい。
沿道のススキを少し頂いて今夜は十五夜(今月は十三夜が愛でられるらしいが)としゃれ込むことにしたww
tono11.JPG


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

1001今朝のカル5 [日々の散策]

アオサギに占拠された砲台島?
kal1.JPG
2・3日前、早朝散歩をしている家人が「カルガモが5羽もいたよ」と言うので、半信半疑で「今度見たら起こして」と言っていたら、今朝5時半に起こされた。行ってみると確かに5羽以上のカルが泳いでいた。薄暗い中写真を撮ろうとするが、敵はなかなか全員ファインダーに収まってはくれない。8羽か9羽はいるようだ。宮川か芦屋川の方から連れてきたのだろうか。
kal2.JPG
とそのうち、向こうからゴルフクラブを持ったおっちゃんが駆けて来た。すると一斉に西に向かって飛び立っていった。あっけにとられて写真も撮れなんだ(撮ろうとしても無理だったかも)。芦屋川に移動したに違いない、と今度は車で行ってみると、シラサギの一群がいるではないか。
kal3.JPG
しかもよく見ると、カモらしいのもいるようだ。望遠で見てみると確かにカルガモだが、先ほど飛び立ったものと同じかどうかは分からない。
kal4.JPG
再び池に戻ってみると、いつもの2羽?が隅っこに残っていたが、
kal5.JPG
ふと中央の島を見ると1羽のアオサギがわがもの顔に占拠していた(冒頭の写真)。
力関係ではアオサギの方が上なのだろうか。まさに群雄割拠の池になりつつあるのかな。ここのところ、見には行くも興味が薄れていたのだが、にわかに再燃? ただし、朝5時半に起きれたらの話だがww

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感