So-net無料ブログ作成

0715 「湊川隧道」の一般公開@神戸市兵庫区湊川町 [日々の散策]

「湊川隧道」。下の水路が「新湊川トンネル」。
001.jpg002.jpg
この二月にブラタモリで神戸をやっていて、神戸と兵庫が天井川である「湊川」で隔てられていたが、東西に道を通すために日本初の近代河川トンネル「湊川隧道」を造り、「湊川」を削ったあとが「新開地」という繁華街になったことを知った。新湊川トンネルの完成後は近代化遺産・土木遺産として保存され、月一回公開していると聞いて、いつか行ってみたいと思っていた。

一般公開にあたりミニ・コンサートもあるというのでそれも楽しみであった。この日の出演は5月の「新開地音楽祭」にも出ていらっしゃった "Sunset Celebration" という男女のデュオで、70年代のアメリカンロック、ジャズ&ブルースを演るということであった。入場無料と書いてあったので、例によって入れなかったら仕方ないというスタンスで、1時過ぎに会場入り口に着いた。
003.jpg
ゲートを入るとゆるい下り坂でいきなり空気がひんやりと感じられた。寒いので上着を持参とも書いてあったので持っていったが、さすがに外は33℃の猛暑だったので、それは必要なかったが、20℃ちょっとということなので、相当涼しいには違いなかった。トンネルの煉瓦の壁は厚みが70cmあるということで、100年経ってもびくともしないということであった。手抜き工事の多い昨今を考えると、先人達の誠実な作業ぶりがうかがえて頭が下がる思いがした。
004.JPG005.JPG007.jpg
006.JPG
ところどころ水が落ちてくるので、床は滑りやすかったと思う。コンサート会場に行くと、100席余りある座席はちょうど満杯で、その後ろに立つことが出来た。その後も後ろからお客さんが数十人詰め掛けて来ていた。やはり1時前に来て並ぶべきだったかと少し思ったことだよ(笑)。初めに主催者である「湊川隧道保存友の会」の方による隧道の説明があった。
009.jpg
続いてコンサートが始まったが、何しろ一番後ろの方なので演奏者の姿は小さく見えるだけだった。かろうじて持参のカメラの望遠で姿を見ることができた。このバンドは「同級生Duoで、活動13年目、還暦を過ぎますます円熟味を増したハーモニーを…。」とのことでほぼ自分と同年代であり、「お互い頑張っているなあ」という思いで見ることができた。
010.jpg
011.jpg
トンネル内は相当の湿度なので楽器は大変だろうな、と余計な心配もしたが、音の反響が独特で、彼らのスキャットを多用したボーカルに効果を与えているように感じられた。少し録音したが勝手にあげるのもなんなので、youtube に上がっているものを引用しておきます。
Zoot Suit Stomp / Sunset Celebration
https://www.youtube.com/watch?v=E1erdVC_J10

後で新開地界隈をブラホボリしようかなと思っていたが、あまりの暑さにいともたやすく断念し、退散したのであったよ。
012.jpg
013.jpg
014.jpg
次は8月19日(土)らしいので興味を持たれた方は涼みがてら行かれるとよいと思ふ。下にリンクを張っておきます。

【湊川隧道の一般公開日】





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

ICHINARI Junichi

HOBO 様
湊川隧道保存友の会 事務局長です。
綺麗な画像と優しいコメントを頂戴し感動しております。
100年を経て頑丈なトンネル,私たちは後100年,このままの状態で後世に伝える義務があります,そうすれば後の人たちが後100年,また100年と保存してくれるのを期待して活動をしております。
ボランティアスタッフが団塊の世代が多く,トンネルよりも早く保存活動メンバーが消滅しそうです。
HOBOさんの記事をご覧になった方がStaffに加わって下さるようなことがありましたら最高です。
恩田陸「蜜蜂と遠雷」最高です。
僭越ですが,嵐山光三郎「芭蕉と修羅」もお奨めです。私は流体力学&土木史が専門ですので,芭蕉の土木技術者としての足跡は感動物でした。

乱文,お許しください。
キラリと光る文章と何か語りかけてくるような素敵な画像!!!楽しい時間を,過ごすことができました。
有り難うございました。
by ICHINARI Junichi (2017-08-05 05:36) 

hobo

拙いブログに過分のお言葉有難うございます。貴重な隧道の保存に邁進して居られることに、地域に住むものとしてありがたく思っております。また時々訪れたいと思っておりますので頑張ってくださいね。「芭蕉と修羅」も是非読ませていただきます。

by hobo (2017-08-19 22:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0